岡山高教組の共済制度

全教共済なるぞう岡山高教組には、全教共済、すくらむの2つの共済制度があります。

岡山高教組2つの共済制度
【岡山全教共済】
◆総合共済
◆火災共済
◆教職員賠償責任共済
◆岡山高教組・岡山全教共済USJバスツアー
【高教組共済「すくらむ」】
◆「すくらむ」QアンドA


【岡山全教共済】 

岡山高教組組合員の約6割が加入し,慶弔時,災害時に各種様々な給付金で喜ばれている総合共済を皆さんご存知ですか。総合共済は,豊富な給付金制度にとどまらず,退職時に掛金全額返金してもらえる総合共済です。また,岡山全教共済の加入者数が増えることは,岡山高教組の組合活動を応援することにもつながります。

ページトップへ

◆総合共済

  総合共済
    月々わずか600円の掛け金
    結婚、出産、クリスタル、災害見舞など、様々な給付
    退職時には「退職餞別金」として、掛け金全額返戻!
    募集期間:随時
    共済期間:毎月15日までの申込で翌月1日〜その月末日
    毎月自動更新
     
    キャンペーンのたびにすてきなプレゼントを用意しています!ぜひ!!
    岡山全教共済オリジナルの
   ←「うちわ」とか ←「マウスパッド」とか

ページトップへ

◆火災共済

  火災共済
    落雷や風呂の空焚きも保障
    地震特約も付けられます
    募集期間:随時
    共済期間:掛金振込日の属する月の翌月1日〜7月31日
    8月1日〜翌年7月31日の毎年自動更新

ページトップへ


◆教職員賠償責任共済

  教職員賠償責任共済
    教育活動中の事故等、万が一に備えて
    月額150円で損害賠償共済金最高1000万円
    総合共済とセットでの加入になります
    募集時期:随時
    共済期間:掛金振込日の属する月の翌月1日〜7月31日
    8月1日〜翌年7月31日の毎年自動更新

ページトップへ

「組合」への理解深まる
岡山高教組・岡山全教共済USJバスツアー(2019年12月8日)

12月8日(日),「岡山高教組・岡山全教共済USJバスツアー」を実施しました。この企画は,組合員で集まることも,同僚と語り合うことや家族と時間を過ごすことが難しくなっている状況の昨今,日帰り旅行でつながりを強め,同時に高教組について理解を深める場にしようという目的で,非日常の世界であるユニバーサル・スタジオ・ジャパンへのツアーを高教組本部が企画したものです。
当企画は,組合活動と共済のとりくみは「両輪」で,共済への加入が組合の活性化につながるとの考えのもと,その趣旨に沿った企画に全教共済本部が交付する「集いあい促進費」を岡山高教組に事務局を置く岡山全教共済が活用することとで実現しました。
8月末に全分会にチラシを配布して募集を開始したところ,わずか10日間で定員の43人に達し,募集を締め切ったのちも参加を希望する声が多く,同型のバスをもう1台追加して再募集をするほど反響がありました。10名以上の青年教職員,10家族以上の参加などで計76人の参加となりました。
往路のバス内では,紹介パネルを用いて,岡山高教組のこれまでの歩みや,実現してきた数々の権利を紹介しました。参加者からは,岡山高教組が担っている役割の重要さを再確認したという感想や,同行した家族からも,組合にはこれから強く大きくなってほしいと応援する声があがりました。また,全教共済の加入のよびかけもおこないました。月々600円の掛金で,人生の様々な場面で給付があり,しかも退職時には掛金の全額が給付(返金)される総合共済の優位性を紹介したところ,当日加入を決めた参加者もいました。
USJ到着後は,日ごろは家と職場との往復の毎日でゆとりのない生活から抜け出し,非日常の世界で有意義な時間を過ごすことができたようです。なにより,岡山高教組の企画に組合員が笑顔になれたことが最大の収穫であったといえます。
岡山高教組の本体会計(組合費)からの支出は一切なく,組合員及びその家族も笑顔になれる企画を,来年度も継続していく予定です。ご期待ください。


【高教組共済「すくらむ」】

◆高教組共済「すくらむ」QアンドA

Q 高教組の共済制度 「すくらむ」 はどんな制度ですか。 また他の保険と比べて有利と聞いていますが, どんな点が有利ですか。

A 1991年3月1日より高教組共済「すくらむ」 が約1.500名 (配偶者・子どもを含む) の参加で発足しました。 この制度は以下のような特徴および他の保険に比べて有利な点があります。
@ 他の生命保険は不幸な事態が生じた場合, そのほとんどが一時金として支払われます。
「す<らむ」は5年・10年15年・20年・25年というように, 長期にわたって,年金として支払われることにより, 遺族の生活安定に寄与します。 また総受取額は一時金としての受取額よりも多くなります。
また, 「ポーナス給付型保障特約」 もあります。.これは7月と12月の年2回, ボーナス払い掛金を支払うことで, 遺家族に組合員の生前と同じ生活リズムを維持し, より安定した生活を保障するためのものです。
A 掛金は年齢別・男女別で, 口数ではなくコース制となっています。比較が難しい面がありますが, 配当金が3月末に返金されることを考えれば, 同じ保障が得られる他の保険にくらべて, 安い掛金になっています。
B 他の保険の場合は「加入」-「脱退」・「事由が発生した場合の請求」などの手続きが
面倒な場合がありますが, 「すくらむ」の場合は簡単で, 高教組が責任をもっておこないます。
C 「医療保障制度」として, 入院保険とケガ保険があります。入院保険は, 病気やケガにより入院した場合, l泊2日の入院から給付金を受けとることができます。
また, ケガ保険.はケガで通院・入院したり.手術を受けたりした場合, 1日目から給付金を受けとることができます。
D 「重病者支援結付制度」は.「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」になったとき,又は, 余命6カ月以内と診断されたとき, 一括して保険金を受け取ることができます。
また, 重病によって長期間就業できない場合には, 療養給付金を受けとることができます。告知書扱いで申し込み手続きは簡単です。20l8年3月より,先進医療に対応する制度も導入されました。
E 「すくらむ退職者専用コース」が新たに作られ,2013年4月より退城者も「すくらむ」を継続できることになりました。ただし,死亡時の最高保証額は300万円で69歳まで継続可能な制度になります。また.40歳以上で「すくらむ」の加入実績が2年以上, かつ退職時に「すくらむ」に加入していることが条件になっています。

 トップへ戻る