HOME >> 備中支部

備中支部のページ

早島支援  西備支援  健康の森学園支援  倉敷琴浦高等支援  倉敷青陵  倉敷天城  倉敷南  倉敷古城池  倉敷中央  倉敷商業  倉敷工業  水島工業  精思  倉敷市立工業  倉敷鷲羽  倉敷翔南  玉島  玉島商業  市立玉島  笠岡  笠岡商業  笠岡工業  鴨方  井原(北校地)  井原(南校地)  井原市立  矢掛  西備支援  新見  新見(北校地)  高梁  高梁城南  高梁城南  松山  宇治  総社  総社南  真備陵南

2017年度のとりくみ

備中支部学習交流集会

▼ワーキングルール教育の大切さ、遺跡が語る平和の大切さを学ぶ
 3月3日(土)〜4日(日)、備中支部学習交流集会を開催しました。3日(土)は則武透さん(岡山高教組顧問弁護士)による講演「ブラック企業問題と若者」を聞きました。
長時間労働,残業代の不払い,詐欺まがいの労働契約,パワハラなど,則武弁護士が扱った県内の労働現場での訴訟事例を通してブラック企業に共通する特徴が浮き彫りされ,また労働時間規制の法制化など解決に向けて必要な対策も明らかにされました。また,後楽館高校での高校生向け研修を紹介しながら,社会に出る高校生に向けてのワーキングルール教育の大切さを強く訴えられました。
 翌4日は「亀島山地下工場跡」を村田秀石さん(亀島山を語りつぐ会事務局長/倉工教諭)に案内してもらいました。地元中学生が描いた絵も盛り込まれたスライドで事前学習をし,「亀島山地下工場の碑」「韓国・朝鮮人 強制連行労働犠牲者 慰霊碑」を回り,地下工場跡に入りました。トンネル工事の様子や朝鮮人を中心とした労働者たちの労働実態が目に浮かび,工場跡そのものが平和の大切さを訴える大きな力を持つと参加者一同実感しました。
 夕食交流会への退職予定者の長年の労をねぎらい花束を贈呈しました。その後の分会交流では参加者一同、楽しい和やかな時間を持つことができました。
(高校でのワーキングルール教育の相談は則武透さん/岡山合同法律事務所086-222-8727へ,「亀島山地下工場跡」見学希望は亀島山地下工場を語りつぐ会086-448-3369へ)

2017年度備中支部総会

 7月8日,サンロード吉備路にて17年度備中支部総会を開催しました。執行委員10名,代議員39名の参加でした。冒頭あいさつで,中村達夫支部長(倉敷天城)は職員会議で急に示された県の朝型勤務の試行に触れ,「急に降ってきた」「学校現場になじむのか」という違和感の中で,時間外業務削減を進めようとしている県の「働き方改革」のあり方について,仕事自体を減らすこと,管理職が現場の声に耳を傾けることの重要性を訴えました。第1号議案(総括),第2号議案(16会計決算),第3号議案(17運動方針),第4号議案17(会計予算)はすべて賛成多数で可決されました。
 協議題では,昨年度支部役員の負担軽減への要求があり,支部役員ローテーション表の改正が提案されました。毎年度A・B・Cグループより計6名の執行委員選出を計5名へと減じる案が提案され,承認されました。また本部役員輪番,および旅費・日当支払基準の一部修正も承認されました。
 総会後の分会交流では,朝型勤務試行の各校での様子が報告されました。あまりに急な話で校長から試行の凍結を提案され了承した学校や希望者を追加募集した学校からの報告,また現に朝型勤務を行っている代議員からの現状報告もありました。本当に必要な「働き方改革」とは何か,しっかり議論する必要があります。(「朝型勤務」の対象は県立学校であり,倉敷市立高校ではこの制度は施行されていません)

教育署名統一行動

こちらの記事をご覧ください。

過去のとりくみ

2011年度支部学習交流集会

 2012年3月3日、倉敷芸文館で開催しました。

2010年度支部学習交流集会

 2011年3月5日、倉敷アパホテルで開催しました。