HOME >> 備中支部

備中支部のページ

早島支援  倉敷まきび支援 倉敷琴浦高等支援 西備支援  健康の森学園支援    倉敷青陵  倉敷天城  倉敷南  倉敷古城池  倉敷中央  倉敷商業  倉敷工業  水島工業  精思  倉敷市立工業  倉敷鷲羽  倉敷翔南  玉島  玉島商業  市立玉島  笠岡  笠岡商業  笠岡工業  鴨方  井原(北校地)  井原(南校地)  井原市立  矢掛  西備支援  新見(南校地)  新見(北校地)  高梁  高梁城南  松山  宇治  総社  総社南  真備陵南

2021年度のとりくみ

ゆきとどいた教育をもとめて 備中支部が統一行動


秋晴れの10月30日(土)、備中支部は教育全国署名の統一行動にとりくみました。おかやまコープの倉敷北、鴨方、総社東、北畝の各店舗前をお借りして、20分会23人の組合員がお昼前の1時間程度で111筆を集めました。
コロナ禍が少し落ち着いてきたとはいえ、買い物客の数はあまり多くありませんでしたが、お願いした方たちは快く署名してくださいました。やはり教育をよくする署名には、関心を持っておられるように感じました。今年から署名用紙が岡山市議会あても含む様式になりましたが、県議会あて、国会あてとあわせて三つ分署名していただくのはなかなか大変です。
それでも大半の方は、三つ分署名してくださいました。
今年度から小学校での35人学級が実現しましたが、中学校や高校の少人数学級はまだ進んでいません。コロナ禍で子育て世代の格差が拡大しており、教育費の保護者負担軽減も急務です。中教審は、教員免許更新制を「発展的に解消する」としていますが、教員志望者を増やし必要な教職員を確保するためにも、教員免許更新制の廃止とともに教育条件の改善が必要です。
岡山県議会と岡山市議会あての署名は、11月16日(火)に集約し議長に提出する予定です。お手元に署名が残っている方は、ただちに本部まで届けてください。

ICT問題など組合員が現場から声をあげよう
−2021年度 備中支部総会−


7月10日(土)、総社市のサンロード吉備路で備中支部総会が開催され、代議員27名と役員8名が参加しました。支部長の挨拶から始まり、本部の村田委員長から「ICT導入による負担増や65歳定年など、現場からの声をしっかり届けられるようがんばっていきましょう」と力強く語っていただきました。