因島・鈴木内科医院 ・漢方内科・カプセット

アトピー性皮膚炎


アトピー性皮膚炎の治療

根本的な治療はまだありませんので、当院では漢方薬を使いながらスキンケアを行う方法で治療を進めています。



ユートピアスキンローション

「大丈夫、アトピーは治りますよ。」「ユーカリローションでアトピーを治す」の著者である故本村昌子先生が開発されたローションです。
このローションには、水に溶けにくいユーカリオイルを薄い水溶液にして、アミノ酸カルシウム、ビタミンC等が加えてあります。もちろんステロイドは含まれていません。
このローションをベースに使います。
皮膚炎がひどい場合は、MM-A軟膏、MM-B軟膏で、まず炎症を鎮めます。漢方薬を併用しながら、皮膚炎を改善させ、軟膏を減量して、最終的にはユートピアスキンローションだけでコントールするのが目標です。

ユートピアスキンローションは「有限会社ユートピア」で購入できます。




根本原因はまだ不明、治療は症状をコントロールすること。


アトピー性皮膚炎の根本原因はまだ解明されておりませんので、治療は基本的には対症療法になります。根本的な治療があれば良いのですが、現時点ではまだ確立されておりませんので、「完全になおる」という表現がある治療法には注意したほうがよいと思われます。
日本皮膚科学会ではステロイドを中心とした治療を勧めておりますが、ステロイドを使いたくないという人のために、一般には色々な治療法が試みられています。漢方薬には湿疹に直接きくものや、湿疹が出にくくなるものがあり、「体質を改善する」あるいは「本治療法」という表現を使うことがありますが、症状をコントロールして、自然治癒を早める目的で使われます。

ステロイドは使ったほうがよいのか、使わないほうがよいのか。

ステロイドの問題点は、長期に使用した時の副作用がどうかという点にしぼられると思われます。ステロイド外用薬の長期使用による副作用は、主に皮膚の萎縮や感染が起こりやすくなることや、急にやめた時のリバウンドなどです。その他の副作用を恐れている場合は、その情報がどこから得られたものかを落ち着いて考えてみる必要があります。いずれにしても副作用が起こらないように対策を立てながらステロイド外用薬を使うという方法が、現時点ではベストではないかと思います。

「見た目のひどさ」と「重症度」を混同しないことが大切。


一口にアトピー性皮膚炎と言っても、引き金となる原因はさまざまで、重症度の違いもあります。こういう治療をしたら治ったという場合は、軽症のことが多く、どの治療を行っても治るものだったのかもしれません。「見た目のひどさ」と「重症度」を混同してしまうと、写真を見せられて「こんなにひどい状態だったのが、こんなに良くなりましたよ」と言われたら心が動いてしまいます。

治療の中心はスキンケア


アトピー性皮膚炎の患者さんにはアレルギー素因を持っている方が多いので、遺伝子レベルの治療が可能になれば、いずれは完治させることができるようになると思われます。また、子どもの場合は、ある程度の年齢に達すると自然治癒することも多いので、それまでの間、スキンケアを中心にして、皮膚を出来るだけ良い状態に保っていくという考え方で治療を続けたほうがよいように思われます。成人の場合はいろいろなストレスが加わって再発したり、新たに発症したりすることがありますが、原則はスキンケアになります。

ステロイド剤を間欠的に使いながら再燃を予防していく。


当院では、ユートピアスキンローションを基本にし、MM-A軟膏、MM-B軟膏を併用して治療を行っております。ステロイドは場所によって強さを変えるのが一般的ですが、効きが悪いものを使って長引かせるよりも、効きが良いものを少量使うほうが良いと考えています。軟膏を十分使って炎症を抑え、皮膚がきれいになったら、軟膏を週に1,2回使い、その間はスキンローションのみを使うようにしていきます。