■ウイルスチェックサービスについて
ウイルスチェックサービスとは

株式会社エネルギア・コミュニケーションズが提供するウィルスチェックシステム「CCCNウィルスチェックサーバ」を利用し、弊社メールサービスでのウィルスチェック機能をご提供します。

【概要】

お客様がお持ちのアーバンインターネットのメールアドレス宛に送られてくるメールにウィルスが含まれていないかチェックし、受信するメールにウィルスを検知した場合、ウィルスの部分を取り除いてから受信し、あわせて処置レポートをお送りします。

ご利用のメールソフトウェアの設定を変更することで送信するメールもチェックできます。送信するメールにウィルスを検知した場合、ウィルスの部分を取り除いてから送信し、あわせて処置レポートをお客様と宛て先にお送りします。

送信時にチェック機能をご利用になる場合は、メールソフトウェアのSMTPサーバ(送信メール)設定を以下の「ウィルスチェックサーバ」にご変更ください。
ただし、送信元メールアドレスに弊社メールアドレスを名乗る場合のみがチェックの対象になり、それ以外のメールアドレスの場合は送信を受け付けません。

※CCCNウィルスチェックサーバでは、株式会社シマンテックのウィルススキャンエンジン「Symantec AntiVirus Scan Engine」を使用しています。

【ウィルスチェックサーバ】

vsmtp.urban.ne.jp

【ご注意】

本機能は、アーバンインターネットのメールアドレスに提供されます。ウィルスチェックの対象外とすることは出来ません。
他社でお使いのメールアドレスなどに送られたメールや、メール以外の手段で感染するウィルスはチェックの対象となりません。
本機能は、全てのウィルスを検知、削除、駆除することを保証するものではありません。お客様ご自身での対策を取られることを強くお勧めします。

【Q&A】

Q.設定を変更する必要はありますか?
A.受信時のチェックについては必要ありません。
送信時のチェックは専用サーバで行うため、チェックを希望する場合はメールソフトウェアのSMTPサーバ(送信メール)の設定変更が必要になります。
Q.メールソフトウェアやコンピュータの種類の制限はありますか?
A.ありません。検知・駆除の処理はサーバが行うので、お客様環境に依存はありません。
Q.もうウィルスに感染することはなくなりますか?
A.そんなことはありません。
インターネット上のウィルスの侵入経路はメールだけではなく、また、アーバンインターネット以外のメールアカウントはチェックの対象になりません。そのほか、新種のウィルスなどを検知できない可能性もあります。
ウィルス対策ソフトを導入されるなど、お客様独自に対策をとられることを強くお勧めします。
Q.自分の送った覚えの無いメールがウィルスに感染していたとしてレポートメールが届きました。どうしたらいいですか?
A.ウィルスの中には、ウィルスに感染したコンピュータからウィルス付きメールを勝手にばらまいて繁殖するタイプのものがあり、その仕業の可能性があります。
市販のウィルス対策ソフトウェアなどを使い、コンピュータがウィルスに感染していないか速やかに確認してください。
ただし、ウィルスの中には送信元メールアドレスを偽り、他人のものや存在しないアドレスを名乗ってメールを送信するものがあり、自分のコンピュータが送り出したものではない可能性もあります。
Q.ウィルスが駆除された状態のファイルを開きましたが、文字化けして見られません。
A.ファイルがウィルスに感染した時点でファイルの内容が失われている可能性があります。ウィルス駆除後のファイルが感染前の内容に復元される保障はありません。

ウイルスについての詳しい情報は以下のホームページをご参照ください。

 


[Back] [Top] [Index]

Copyright(c) Energia Communications,Inc.