Macintosh リモートアクセス

設定をPacketOne接続用に変更

2000年7月1日現在、PacketOne通信に対応するMacOS用のデータ通信カード等の通信機器がまだ発表されていません。 その為、以下の設定説明は、MacOSに対応する通信機器が発表された時のものです。

PacketOneでの通信をする為には、携帯電話機側も設定して頂く必要が有ります。詳しくは、携帯電話機の取り扱い説明書をご参照お願いします。

又、PacketOneには2種類のスピードが有り(14.4Kbpsと64Kbps)、64Kbpsで通信する場合、電話会社と64Kbpsのオプション契約が必要です。


1  アップルメニューの中にあるコントロールパネルの中からモデムを開きます。経由先はモデムを接続されているポートを選んでください。モデムはPacketOne通信にご使用になるデータ通信カードなどの接続機器を選んでください。

2  アップルメニューの中にあるコントロールパネルの中からPPP(MacOS8)もしくはリモートアクセス(MacOS8.5以上)を開きます。(画面のコピーはリモートアクセスです。 MacOS8のPPPでも画面はほぼ同じです。)

名前の入力欄に入っているアクセスIDを消して頂き、新たにお客様の電子メールアドレスを入力してください。注)名前、パスワードの入力には、ことえり等での日本語入力での半角英数ではなく、アメリカ国旗での英語入力モード又は、RomanJISでの英語入力でお願いします

パスワードを保存にチェックが入っている場合、パスワードの入力欄に入っているアクセスワードはそのままにして下さい。 パスワードが保存されていない場合、アクセスパスワードを大文字小文字の区別をつけて入力してください。

電話番号の入力欄には既存のアクセスポイントの電話番号を市外局番からすべて入力してください。(画面の電話番号は広島のアクセスポイントです。)

接続」をクリックするとダイアルアップIP接続ができます。接続したらそのままの状態でブラウザやメールリーダなどのアプリケーションを起動して下さい。