■Windows3.1 − INTERNET IN A BOX・Interent Officeの設定と接続
  1. PPPダイアラ(SPRY Dialer)の設定をします。図のようなアイコンをダブルクリックして下さい。

     

  2. モデムの設定をします。(INTERNET IN A BOXをお持ちの方は3へ)モデムメニューから基本モデムの設定を選択して下さい。モデムの基本設定のウインドウが表示されますので、各項目を環境に合わせて設定し「OK」をクリックして下さい。

     
    シリアルポート: モデムを接続しているCOMポートを選択して下さい。
    種類: 使用するモデムがあればそれを選択して下さい。
     なければHayesで構いません。
    通信ポートの速度: 通信ポートとモデム間の通信速度です。
     通常は使用するモデムの速度の1段階上の数値を選択して下さい。
    電話回線の種類: 使用する電話回線の種類を選択して下さい。
     (トーン=プッシュ パルス=ダイアル)

     

  3. モデムの設定をします。(Internet Officeをお持ちの方は5へ)モデムメニューから設定を選択して下さい。モデム設定のウインドウが表示されますので、各項目を環境に合わせて設定し「OK」をクリックして下さい。

     
    モデムの種類: 使用するモデムがあればそれを選択して下さい。
     なければHayesで構いません。
    電話回線の種類: 使用する電話回線の種類を選択して下さい。
     (トーン=プッシュ パルス=ダイアル)

     

  4. モデムメニューからポート設定を選択して下さい。コミュニケーションポート設定のウインドウが表示されますので、各項目を環境に合わせて設定し「OK」をクリックして下さい。

     
    シリアルポート: モデムを接続しているCOMポートを選択して下さい。
    通信ポートの速度: 通信ポートとモデム間の通信速度です。
     通常は使用するモデムの速度の1段階上の数値を選択して下さい。

     

  5. サーバ情報を設定します。ネットワークメニューからダイアルアップの設定を開き、解説と通知書を参考に設定して下さい。(図は広島の設定)

     
    電話番号: 利用するアクセスポイントの電話番号を入れて下さい。
    IPアドレス・ネットマスク: 図の様に設定して下さい。
    ネームサーバ: DNSサーバ1のIPアドレスを入れて下さい。
    ネームサーバ2: DNSサーバ2のIPアドレスを入れて下さい。
    ドメイン名: ドメイン名を入れて下さい。

    設定出来たら「インターフェース」をクリックして下さい。

     

  6. 接続のプロトコルを設定します。PPP接続をするのでインターフェースの種類PPPにし「設定」をクリックして下さい。

     

  7. PPPの設定をします。パスワードによるユーザ認証を行いますので、PAPを選択し「設定」をクリックして下さい。

     

  8. ユーザ認証のパスワードを設定します。ユーザ名にはアクセスIDパスワードにはアクセスパスワードをそれぞれ通知書から入れて下さい。

     

  9. ログインオプションの設定をします。ネットワークメニューからログインの設定を開き、ログインオプション無しに設定して下さい。

     

  10. トランスポートの設定をします。(Internet Officeのみ)ダイアルアップを終了させてからスイッチャーを開き、新しいトランスポートの選択SLIP/PPP Basedに設定して下さい。

     

  11. 以上で設定は終了です。接続する時はダイアルアップで「Dial」をクリックして下さい。接続したらそのままの状態でブラウザやメールなどのソフトを起動して下さい。切断する時はHangupをクリックして下さい。

     


[Back] [Top] [Index]

Copyright(c) Energia Communications,Inc.