■「Microsoft Exchange(受信トレイ セットアップウィザード)」の設定方法
  1. デスクトップの受信トレイアイコンをダブルクリックして下さい。「受信トレイセットアップウィザード」が開きます。

    スタートメニューのプログラムMicrosoft Exchangeからでも起動出来ます。

     

  2. 「受信トレイセットアップウィザード」は「次へ」ボタンで進めていきます。「次へ」をクリックして下さい。

     

  3. 使用するインフォメーションサービスを設定するを選んで下さい。

     

  4. プロファイル名を入力して下さい。

     

  5. メールを送受信するために必要な、インターネットメール個人用フォルダをインストールします。「追加」をクリックして下さい。

     

  6. インターネットメールを選択し、「OK」をクリックして下さい。

     

  7. インターネットメールのウィンドウが表示されるので、下の解説に習って設定して下さい。(図は広島の設定)

     
    フルネーム: 氏名
    電子メールアドレス: メールアカウント
    インターネットメールサーバー: POPサーバ
    アカウント名: ユーザID
    パスワード: ユーザパスワード

     

  8. 詳細設定オプション」をクリックし、SMTPサーバを設定して下さい。(図は広島の設定)

     

  9. 接続を選び、モデムを使用して接続にチェックし、「ログイン」をクリックして下さい。

     

  10. 下の解説に習って設定し、「OK」をクリックして下さい。

     
    ユーザ名:  アクセスID
    パスワード:  アクセスパスワード

     

  11. 個人用フォルダを追加します。「追加」をクリックして下さい。

     

  12. 個人用フォルダを選択し、「OK」をクリックして下さい。

     

  13. 個人用フォルダのデータファイルを作成します。ファイル名を入力し、「OK」をクリックして下さい。

     

  14. 個人用フォルダの作成のウィンドウが表示されるので、「OK」をクリックして下さい。

     

  15. 必要な2つのインフォメーションサービスが追加されました。「OK」をクリックして下さい。

     

  16. 設定が完了しました。「終了」をクリックして下さい。

     

これで「Microsoft Exchange(受信トレイ セットアップウィザード)」の設定は終了です。
以下の宛先にテストメールを送信してみて下さい。送受信の確認ができます。
[宛先]mailtest@urban.ne.jp

 


[Back] [Top] [Index]

Copyright(c) Energia Communications,Inc.