■Macintosh − Apple Internet Dialerの設定と接続
  1. Apple Internet Dialerアイコンをダブルクリックして開いて下さい。

     

  2. 図のウインドウのモデムで使用するモデムを選んで下さい。専用の設定が必要な時は、モデムの追加/変更...を選んで設定を作って下さい。

    モデムの追加/変更...を選ぶと図のウインドウが表示されます。使用するモデムにあわせて設定して下さい。

     
    モデム名: モデムを識別出来る名前を付けて下さい。
    初期化ストリング: モデムのマニュアルに従って初期化コマンドを
     指定して下さい。
    フロー制御: 通常はCTS&RTS(DTR)になります。
    モデム速度: モデムとパソコン間の通信速度です。
     使用するモデムの速度に合わせて変更して下さい。
     通常は接続速度が
     28800bpsの場合は38400
     38400bpsの場合は38400〜57600
     64000bpsの場合は57600〜115200
     という設定になります。

    設定後「保存」をクリックすると設定が保存され元のウインドウに戻ります。

     

  3. プロバイダメニューからプロバイダ情報の定義...を選んで下さい。図の画面が現れるので、矢印をクリックして次へ進んで下さい。

     

  4. 図のウインドウで、下の解説に習って設定して下さい。

     
    プロバイダ名: 適当な名前を入れて下さい。
    ユーザログイン名: アクセスIDを入れて下さい。
    パスワード: アクセスパスワードを入れて下さい。
    プロバイダ電話番号: 利用するアクセスポイントの電話番号を
     入れて下さい。(図は広島の番号)
    電子メールパスワード: ユーザパスワードを入れて下さい。

     

  5. 同様に解説と通知書を参考に設定して下さい。(図は広島の設定)

     
    NNTPホスト: NEWSサーバを入れて下さい。
    SMTPホスト: SMTPサーバを入れて下さい。
    POPアカウント: メールアカウントを入れて下さい。
    電子メールアドレス: メールアカウントを入れて下さい。
    ドメインネーム: ドメイン名を入れて下さい。
    DNSアドレス: DNSサーバ1のIPアドレスを入れて下さい。
    予備のDNSアドレス: DNSサーバ2のIPアドレスを入れて下さい。

     

  6. 図のウインドウで、「OK」をクリックして下さい。2のウインドウに戻ります。4・5で設定した内容はプロバイダメニューのプロバイダ情報の変更...から変更できます。

     

  7. これで設定は終わりです。

     

接続する時は2のウインドウのダイアルをクリックして下さい。しばらく待つと接続されApple Internet Statesが開きます。

このままの状態でWWWブラウザやメーラーなどのアプリケーションを起動して下さい。

切断する時はApple Internet Statesの「電話を切る」をクリックして下さい。再度接続する時もApple Internet Statesから出来ます。

 


[Back] [Top] [Index]

Copyright(c) Energia Communications,Inc.