■メールデコードCGI(設定方法)
[はじめに]  [設定方法]
設定方法

メールデコードCGIを利用するためには、HTMLでFORMタグを記述する際、必ず以下のように記述してください。
既に<FORM ACTION="mailto:uitaro@urban.ne.jp"> 等、記述されている方は以下のタグと置き換えるだけです。

<FORM ACTION="/cgi-bin/common/mailform.cgi" METHOD="post">

これだけで設定は終了です。

メール転送後のお礼のメッセージを「post.html」というファイル名でユーザーディレクトリ内にご用意ください。

 

より細かな設定

 
1.メールの「Subject」の設定
通常、このメールデコードCGIを利用して送信されたメールには「Subject」の欄が空欄になっています。
このメールに「Subject」を設定する場合、HTMLの記述に以下の太字の行を<FORM …>と</FORM>の間に追加してください。

********の部分が「Subject」になります。

<HTML>
<BODY>
  :
  :
<FORM ACTION="/cgi-bin/common/mailform.cgi" METHOD="post">
  :
<INPUT TYPE="hidden" name="subject" value="********">
  :
</FORM>
</BODY>
</HTML>

2.メールの「From」の設定
通常、このメールデコードCGIを利用して送信されたメールには「From」の欄が空欄になっています。
このメールに「From」を設定する場合、HTMLの記述に以下の太字の行を<FORM …>と</FORM>の間に追加してください。

<HTML>
<BODY>
  :
  :
<FORM ACTION="/cgi-bin/common/mailform.cgi" METHOD="post">
  :
あなたのメールアドレスを入力してください。<BR>
<INPUT TYPE="text" name="from">

  :
</FORM>
</BODY>
</HTML>

3.送信後のメッセージの設定
通常、このメールデコードCGIを利用してメールを送信した場合、「送信完了」のメッセージは「post.html」を参照するようになっています。
その他のファイルを参照させる場合、HTMLの記述に以下の太字の行を<FORM …>と</FORM>の間に追加してください。

<HTML>
<BODY>
  :
  :
<FORM ACTION="/cgi-bin/common/mailform.cgi" METHOD="post">
  :
<INPUT TYPE="hidden" name="location" value="リンク先URL" >
  :
</FORM>
</BODY>
</HTML>

4.その他
制限事項
  1. 「To」の設定
    このCGIでは、送信先メールアドレス「To」は変更できません。
    必ず、アーバンインターネットのメールアドレスに送信されます。
  2. 使用禁止文字
    このCGIは半角カタカナや一部の特殊記号には対応しておりません。
    これらの文字が含まれているメールは完全にはデコードできません。
  3. 非対応ブラウザ
    このCGIは環境変数「HTTP_REFERER」を返さない一部のブラウザには対応しておりません。


[Back] [Top] [Index]

Copyright(c) Energia Communications,Inc.