会社案内
施工内容
施工実例
お問い合わせ
 屋根のしっ喰が落ちていますが、雨漏りは大丈夫ですか?
 しっ喰がはがれている原因は、棟内部に雨水が回っている場合が多いですが、すぐに雨漏りがするということはほとんどありません。しかし、そのままにしておくと台風や地震のときに棟がくずれる恐れがあるので、しっ喰やコーキングを付け足すよりも、確かな方法で積み替える方がよいでしょう。
 お宅の屋根は勾配が少ないので瓦が使えないと言われたのですが。
 粘土瓦を使用する場合、通常4寸5分以上の屋根勾配が必要ですが、使用する瓦、屋根の流れの長さ、下地材の処理方法などによって4寸5分以下の勾配でも施工できます。一度ご相談ください。
 現在、化粧スレート瓦・瓦棒(金属屋根)などの軽量物で葺いてますが、重量物の粘土瓦で葺き替えしても大丈夫ですか?
 軽量物等の屋根材の場合、建物自体の構造が重要です。構造上、粘土瓦を葺いたあとに屋根の中央が垂れて、サッシが閉まらなくなるということがありますので、施工前に点検が必要です。現在は、粘土瓦にも軽量防災瓦などの負担の少ない種類もあります。ご相談ください。
 シックハウスに有効な屋根工法があると聞いたのですが。
 「シックハウス」とは、建材などから発散するホルムアルデヒドなどの有毒物質のことです。目に痛みを起こしたり、既築では湿気からダニ・カビなどが発生して呼吸器疾患を起こす場合があります。これに有効な手段として、換気が提唱されています。中でも、屋根の棟からの排気は効率のよい方法と言われています。新築や葺き替え工事の際、使用する瓦に合った換気棟製品を取り付けることをお薦めします。
 「このままだと家自体が駄目になるので、屋根に上がらせてください」と言われたのですが。
 近年、「瓦がずれています」 「しっ喰が落ちています」などの理由をつけ、必要のない工事を強要したり、多額の金額を請求する業者が増えています。これらを点検詐欺といい、社会問題にまで発展しています。弊社は、瓦葺技能士取得者が無料で点検、アドバイス等を行っていますので、ご安心してご相談ください。

Copyright (C) YUHOUSE Co.,Ltd. All Rights Reserved.

有限会社ユーハウス 〒745-0801 山口県周南市久米政所1507-5 TEL 0834-26-2300 FAX 0834-25-4041
屋根Q&A
TOP > 屋根Q&A
お見積りの流れ
弊社に寄せられた質問を取り上げています。
会社案内施工内容施工実例お見積りの流れ屋根Q&Aお問い合わせ