1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月HOME


季 節 の 言 葉

日本語は世界に類のないほど豊かな語彙を持っている。
たとえば季節を表す言葉だけでもこんなにある。


陰暦では、四季をもたらす太陽の1年間の動きを二十四等分に分けて「二十四節気」とした。

(2月4日〜5月4日) … 立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨
(5月5日〜8月6日) … 立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑
(8月7日〜11月6日) … 立秋・処暑・白露・秋分・甘露・霜降
(11月7日〜2月3日) … 立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒


また、生産や生活上の特別の季節を示すものを「雑節」という。
節分・彼岸・八十八夜・入梅・半夏生・土用・二百十日等である。


この他に季節の替わり目に食物を神に供え、災難を避けるという風習に「五節句」がある。


人日(じんじつ)の節句、または七草の節句 (1月7日)
上巳(じょうし)の節句、または桃の節句 (3月3日)
端午(たんご)の節句 (5月5日)
七夕(しちせき)の節句 または、たなばた (7月7日)
重陽(ちょうよう)の節句 (9月9日)




別称語源行事
1月
睦月・正月
献歳・首歳
初春・初空月
太郎月・孟春
霞初月・初陽
万歳・年端月
年の改まる月。
正月になると一家が和やかに睦まじく楽しい
日を送るということからいわれはじめた。
元旦
出初め式
七草・歌会始
とんど焼き
成人式
小正月
2月
如月
着更衣月
暖かさに一度脱いだ着物を、寒の戻りで
さらに着直すため「着更衣」とよんだのが
始まりとされる。 「生更ぎ」の意で草木が
生えてくる月だという説もある。
節分・立春
針供養
建国記念日
バレンタインデー
3月
弥生
花見月
桜月
弥生(いやおい)が転化したもので、いよいよ
生 い茂ること、つまり草木が勢いよく成長し
始める月という意味である。
雛祭り
お水取り
彼岸の墓参り
4月
卯月
植月
卯の花が咲く「卯の花月」から転じたという説。
又、稲の苗を植える「植月」、あるいは種が芽
を出す「産み月」が転じたという説がある。
エイプリル・フール
花祭り
5月
皐月・田植月
稲苗月・橘月
月見ずの月
仲夏・梅夏
五月雨月・鶉月
梅月・多草月
苗代から早苗を取って田に移し植える時期
なので 早苗月と言っていたのが、詰まって
「さつき」に なったという説。
又、同じ「さなえ」でも「小苗」と書き、小苗を
取る月、つまり「さなえつき」を略して「さつき」
と したという説の二つがある。
メーデー
憲法記念日
子供の日
母の日
神田祭
葵祭
6月
水無月
涸月・鳴神月
松風月・焦月
炎陽・風待月
常夏月・雷月
長夏・田無月
田の一番草や二番草を取り終わって、まず
まず稲作の大切な仕事をし尽くした、つまり
「皆し尽くした月」が詰まって「みなつき」。
又、旧暦の6月は梅雨が明けて水が少ない
からという二つの説が有力。
衣がえ
父の日
虫歯予防デー
芒種・入梅
夏至
時の記念日
7月
文月
相月
秋初月
女郎花月
多草月
穂見月
稲の穂が脹らむ季節だから「穂ふくらむ月」。
穂がよく見えるようになるから「穂見月」。
牽牛・織女に詩歌の文を供え祭る七夕の
行事にちなんで「文月」という説。
中国の7月7日に書物の虫干しをする習慣が
日本に伝わり「文書ひらく月」という説もある。
山開き
半夏生
朝顔市
七夕
祇園祭
8月
葉月
秋風月
仲秋
清秋・木染
雁来月
燕去り月
『奥義抄』によると、木々の葉がそろそろ
散り落 ちる頃なので「葉落月」、これを略して
「はつき」となったとしている。
『類聚名物考』では、秋を知らせる雁が初めて
渡ってくる月、つまり「初来(はつき)月」だと
説明している。
ねぶた
仙台七夕
原爆記念日
盂蘭盆
終戦記念日
阿波踊り
大文字焼き
9月
長月
菊開月
菊月
朽月・霜月
紅葉月
小田刈月
『拾遺和歌集』の問答歌によると、秋も次第に
深まり、夜の時間が長くなってくると恋する
人は 朝が来るのが待ち遠しく、夜が長く感じ
られるから 「夜が長い月」となったとしている。
また、賀茂真淵は「稲苅月(いながりづき)」の
上下を略して「なが月」となったと説明している。
防災の日
二百十日
重陽の節句
敬老の日
十五夜
秋分の日
ガン制圧月間
10月
神無月
小六月
陽月
応鐘
上冬小春
玄冬
初霜月
日本全国の神様が、政治などの話し合いに
毎年10月に出雲国に集まるため、神様が
留守になるから「神無月」となった説が有力。
したがって、出雲国だけは「神在月」と呼ぶ。
又、雷の鳴らない「雷無し月」、その年に収穫
した新しい米で酒を醸し造る「醸成月」とする
説もある。
衣更え
炉開き
体育の日
豆名月
神嘗祭
11月
霜月・神帰月
神楽月・雪待月
仲冬・子月
つゆこもりの月
雪見月・広寒月
霜月の語源は『奥義抄』の中に「十一月(しも
つき)、霜しきりにふるゆえに、霜降月というを
誤れり」とあるように霜降月の変化したものだ
とするのが定説になっている。
文化の日
七五三
酉の市
新嘗祭
勤労感謝の日
12月
師走 12月を師走とした一番古い文献は『日本書
紀』 の桓武天皇紀で「十有二月」と書いて
「しわす」 と読ませている。
語源については『奥義抄』によると、十二月は
僧を迎えてお経を読ませるので、 僧が東西に
忙しく走り回ることから「師走り月」。
又『類聚名物考』によると、春夏秋冬四季の
おしまい、つまり「四季はつる月」からきている
としている。
事始め
冬至
クリスマス
大晦日

参考文献 『雑学おもしろ歳時記』樋口清之
参考文献 『現代冠婚葬祭事典』三省堂

HOME