難読な名前



日本人の姓の種類は推定10万種といわれている。
中国の約300種、イギリスの1万数千種に比べても桁違いに多い。
   
ところで、日本人すべてが苗字を持てるようになったのは、明治8年である。
それまでは武家、名主、庄屋など特権階級のみに許されていた。
江戸時代までは庶民には苗字がなく、職業や住んでいる地名を名前の上に付け
て苗字代わりにしたり、またその人の体の特徴を捉えた”あだ名”を呼んでい
たようである。
    
明治8年、学制、徴兵制をしいた明治政府は、戸籍を整える必要性から平民も
すべて苗字を付けなくてはならないという法律を施行した。
当時は国民の文盲率も高かったから、庶民の大部分はずいぶん戸惑ったことは
想像がつく。親族会議を開いたり、寺の和尚さんに考えてもらったり、中には
かなりいい加減な付け方をしたようである。

   
ところで、もっと時代を遡り、古代では、名前を知られたり、呼ばれたりする
ことは「盗まれること、負けること、支配されること、殺されること」という
信仰があり、「呼ばれては困る、書かれては困る、知られては困る」の三原則
で名前をつけていたので、クイズのような難解な名前がたくさん生まれた。

たとえば ……
   
小鳥遊   たかなし さん     (鷹がいないので小鳥がよく遊ぶ)              
月見里   やまなし さん           (山がないので月がよく見える里)           
 まる さん  まどかさん       
 しるす さん  しるしさん  とどむさん
栗花落  つゆ さん  ついりさん  つゆりさん
 
                              
    
                            数字を用いた珍しい名前

                     目次      ☆ 漢字一文字の珍しい名前

                                   読み方の難しい名前



     数字を用いた珍しい名前

・ 一二三 四 ひふみ かつじさん ・ 一二三 四五六 ひふみ しごろくさん ・ 一 にのまえさん ・ 二 わかるさん ・ 三 かずえさん ・ 五五五 ごごもりさん ・ 七五三 しめさん ・ 九 いちじくさん ・ 十 みつるさん つなしさん ・ 九十九 つくもさん ・ 百百 とどさん ・ 二千六百年 ふじむねさん ・ 百万 ひゃくまんさん ・ 四月一日  四月朔日  わたぬきさん   ・ 八月一日 ほずみさん


      漢字一文字の珍しい名前            雪 すすぎさん 雄 おんどりさん 寸 もげきさん 目 さっかさん 乙 きのとさん    井 いいさん わかしさん   止 すすむさん 个 すすむさん h すすむさん 集 あつまりさん 榛 はしばみさん          栄 はなぶささん           楪 ゆずりはさん  


   読み方の難しい名前
        薬袋 みないさん          日鼻 くさはなさん         大器 おおしなさん            百足 ももたさん           栗冠 さっかさん 朔晦 たちごもりさん 圭室 たまむろさん 天勝 ちよしさん          街風 つむじさん            穂木 はぜのきさん        陽木 はるきさん           魚梁 やなさん            苔沢 からむしざわさん             鮑子 あびこさん              螺沢 かいざわさん             小生 おのさん             掛足 かけたりさん           平等 ひらとうさん 古来 ふるまいさん 北向 ときさん 行方 なめがたさん 生天目 なまためさん 王身代 おうしんだいさん           奈流芳 なるかさん            梅千野 ほやのさん            水火土 みかどさん 珍男子 うずひこさん        十八女 わかいろさん