四季の雨のことば

我が国の美しい自然は、雨の恵みがもたらしたともいわれる。
そして古人たちは雨の情景にしみじみ感じ入り、美しいことばを作り出した。
今ではその数が100を越すとか。その一部をここに紹介する。 
参考文献 『ビジュアル源氏物語・紫匂』


春の雨のことば

春雨 ……浅春の芽吹きのころ、静かに降る雨のこと。
春霖(しゅんりん)、菜種梅雨(なたねづゆ)、木の芽雨、花の雨、桜流し、催花雨(さいかう)などともいう。
春驟雨(はるしゅうう)……春のにわか雨。雷をともなうと春雷と呼ぶ。春時雨ともいう。
卯の花腐(くだ)し……卯の花を腐らすほどに降り続く雨。 走り梅雨のこと。五月雨の異称でもある。

夏の雨のことば

五月雨(さみだれ) ……梅霖(ばいりん)、梅雨のこと。
白雨(はくう)……急に降り出してすぐやんでしまう雨。村雨(むらさめ)にわか雨、夕立ともいう。驟雨もほとんど同じ雨模様である。

秋の雨のことば

秋雨 ……秋に小雨が降り続くこと。秋霖とも。
雨月 ……名月の夜の雨。雨でも、どこか薄明るい。雨夜の月、月の雨ともいう。

冬の雨のことば

時雨 ……液雨ともいう。初時雨にはじまり、朝時雨、夕時雨、小夜(さよ)時雨、木の芽時雨とさまざまな呼称がつく。
寒の雨……寒中に入ってからの雨で、9日目に降る雨を「寒九の雨」といって、豊作の兆し。

いろいろな雨のことば

甘雨(かんう) ……恵みの雨。天への感謝が込められ、春の雨模様で、夏には慈雨(じう)、喜雨(きう)という。
日照雨(そばえ)……日がさしているのに降る雨のこと。
小糠(こぬか)雨……糠には、はかない、細かいの意があり、傘を差すほどではない雨のこと。霧雨、細雨(さいう)ともいう。
篠突(しのつ)く雨……篠(細い竹)を束ねて突き降ろすような激しい雨のこと。
これに強風が吹くと「篠を乱す」という。