平成十八年度 名 言 の 小 径


平成22年 平成21年 平成20年 平成19年 平成17年 平成16年 平成15年 平成14年 平成13年 平成12年 平成11年 平成10年 平成9年


名言出典
希望はひとを成功に導く信仰である。
希望がなければ何事も成就するものではない。
ヘレン・ケラー
『自伝』
父は父らしく
母は母らしく
子は子らしく
佛木寺(ぶつもくじ)
四国霊場
第四十二番札所
人はみな、都合の悪いことが起こると、偶然のせいにする。
そうではない。偶然などというものは、人生にいくつもない。
人生に起こることの、ほとんどはすべて必然である。
浅田治朗
『ジェエラザード』
同じことをするのが必ずしも平等とは言えないと思うんですよ。
そうではなくて、「やるチャンスが等しくある」 ということが
平等なんだと思うんです。
三宮麻由子
エッセイスト
感動する能力が人生を幸福にする鍵である。
秋元 康(脚本家)
『川の流れのように生きたい』
悲しみや嘆きや絶望を知っている人だけが、本当の
意味での喜びや希望を自分の手につかむことができる。
五木寛之
『不安の力』
自分らしくいる。自分でいる。自分を静かに保つ。自分を隠さない。
自分でいることに力まない。自分をやたらに誇りもしない。
同時に自分だけが被害者のように憐れみも貶めもしない。
自分だけが大事と思わない癖をつける。自分を人と比べない。
これらはすべて精神の姿勢のいい人の特徴である。
曽野綾子
『ただ一人の個性を
創るために』
善人は自分勝手に幸せになるけれども、
まわりの人は不幸になることがあるの。
善人は自分に自信があるから困るんですよ。
人の心がわからなくて、自分が善人であることに
あぐらをかいているから。
曽野綾子
『人はみな「愛」を語る』
父母は習慣の教師なり
福沢諭吉
静かに手を組み合わせ、我は待つ。
風にも海にも心わずらわされることなく、時や運命にも逆らわぬ。
我が道はおのずと開けるものなれば。
ジョン・バローズ
『待つ』
人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる。
人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。
希望ある限り若く、失望と共に老い朽ちる。
大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、
そして偉力の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。
サミュエル・ウルマン
『青春』
「君に書かずにはいられない」より
中丸美繪著
愛があれば、子供を叩いても虐待ではない。
愛がなければ子供の頭を撫でても、良い子は育たない。
すべての鍵は愛である。
父・千住鎮雄氏の言葉
『聞いて、ヴァイオリンの詩』
千住真理子著
「私は、音楽専門家でありながら聴覚を失ってしまってから、
初めて心の音に耳を傾けることができた。
神は素晴らしいプレゼントを私にさずけたのだ。」
ベートーベン
『聞いて、ヴァイオリンの詩』
千住真理子著
人間のなすことすべて潮どきあり。潮に乗れば、首尾は上乗。
時を逸せば、人生万事苦難の船旅、浅瀬にはまって動きがとれぬ。
シェイクスピア
『ジュリアス・シーザー』
「春は花、夏はほととぎす、秋は月、冬雪さえてすずしかりけり」
道元禅師


平成22年 平成21年 平成20年 平成19年 平成17年 平成16年 平成15年 平成14年 平成13年 平成12年 平成11年 平成10年 平成9年