(1)  各種事業活動



  A.音楽溢れる街たましま音楽イベント事業報告
   音楽溢れる街たましま実行委員会では、玉島が全国に誇るくらしき作陽大学や各音楽グループと連携して、玉島地区を「音楽溢れる街」にすることによって、商業活動の中に音楽を取り込んでいき、玉島地区商業全体が他の街にない「個性溢れた商店街の創出と商業の活性化」が進むことを目的に歌声喫茶を中心に各種音楽イベントに取り組んだ。
具体的な事業としては、各種コンサートを4回酒蔵、セントイン倉敷、新倉敷駅前南公園で開催するとともに、参加型の音楽イベント歌声喫茶を玉島商店街、新倉敷駅周辺の喫茶店で、12回開催、ファイナルイベントとして東京新宿の歌声喫茶ともしびより出前をいただいて、平成18年度夢づくり推進大賞 岡山県知事表彰受賞記念「1,000人の大歌声喫茶Part4」を開催し大好評であった。
   
  ○さくら祭り歌声喫茶
と き 平成18年4月16日(日)14時〜16時
ところ 喫茶ロマン
参加者 35名
概 要 さくらをテーマにそれにまつわる歌、出会いの歌を歌った。
   
  ○燦然酒蔵コンサート
と き 平成18年4月22日(日)18時〜21時
ところ 菊池酒造
参加者 110名
概 要 イースト弦楽四重奏団演奏会が行われ、あわせて歌声喫茶の皆さんと青い山脈な
どを合唱した。その後、お酒をたしなむ会が開かれた。
   
  ○第1回歌声喫茶
と き 平成18年5月21日(日)14時〜16時
ところ 西国屋ホール
参加者 41名
概 要 参加者は青春時代を思い出しながら「トロイカ」「ともしび」「カチューシャ」など約35曲を熱唱した。
   
  ○新倉駅前ミュージックフェスティバル
と き 平成18年5月28日(日)10時〜16時
ところ 新倉敷駅前南公園
参加者 700名
概 要 新しく整備された公園と開発の進む新倉敷駅前商店街をくらしき作陽大学、地元高校、中学校出演者や観客の皆さんに感じて頂きアピールすると同時に音楽溢れる街たましまを目指してコンサートを実施した。
   
  ○第2回歌声喫茶
と き 平成18年6月25日(日)14時〜16時
ところ 玉島信用金庫長尾支店
参加者 67名
概 要 1960年代から70年代にかけて若者の心をとらえた歌声喫茶を再現し、110曲の歌集の中から参加者がリクエストをし、歌声が響いていた。
   
  ○第3回歌声喫茶
と き 平成18年7月16日(日)14時〜16時
ところ 舎留夢
参加者 63名
概 要 青春時代を思い出し元気を取り戻す心の糧になればと宵待ち草など約37曲を熱唱した。
   
  ○第4回歌声喫茶
と き 平成18年7月29日(土)18時〜20時
ところ きゃろっと亭
参加者 42名
概 要 1960年代から70年代にかけて若者の心をとらえた歌声喫茶を再現し、110曲の歌集の中から参加者がリクエストをし、飲んだり食べたりして歌声が響いていた。
   
  ○窪田 聡 うたのある風景&第5回大歌声喫茶
と き 平成18年8月27日(日)14時〜16時
ところ セントイン倉敷
参加者 120名
概 要 ホテルで歌声喫茶と窪田聡さんとのジョイントコンサートを実施し、かあさんのうたなどを熱唱し大好評であった。
   
  ○第6回歌声喫茶
と き 平成18年9月17日(日)14時〜16時
ところ 新倉敷駅北 味処 蔵
参加者 47名
概 要 1960年代から70年代にかけて若者の心をとらえた歌声喫茶を再現し、110曲の歌集の中から参加者がリクエストをし、飲んだり食べたりして歌声が響いていた。
   
  ○第7回玉島郵便局歌声喫茶
と き 平成18年9月24日(日)14時〜16時
ところ 玉島郵便局
参加者 78名
概 要 歌を通じた連帯感など良さが見直され、青春期に歌声喫茶に行った中高年層を中心に、当時の歌をグループで熱唱するようになった。
   
  ○第8回歌声喫茶
と き 平成18年10月8日(日)14時〜16時
ところ ボウルエイト倉敷カフェ
参加者 45名
概 要 1960年代から70年代にかけて若者の心をとらえた歌声喫茶を再現し、110曲の歌集の中から参加者がリクエストをし、歌声が響いていた。
   
  ○遊弦のギターコンサート&第9回歌声喫茶
と き 平成18年10月22日(日)14時〜16時
ところ 画廊喫茶ぼんくら
参加者 34名
概 要 実行委員、ギタリストの平井忠幸氏によるギターコンサートと歌声喫茶も行いみんなで合唱した。
   
  ○第10回源平まつり歌声喫茶
と き 平成18年11月19日(日)14時〜16時
ところ 西爽亭
参加者 56名
概 要 今から800年の昔、乙島と柏島に陣を張った源氏と平家軍は壮絶な戦いの末、日食と重なり平家唯一の大勝となった。歌声喫茶で再現し、50曲の歌集のなかからカチューシャ、ともしび、翼をくださいなどを歌った。
   
  ○第11回クリスマス歌声喫茶
  と き 平成18年12月9日(土)18時〜20時
  ところ 喫茶ロマン
  参加者 38名
  概 要 クリスマスソングなど喫茶店の客が同じ歌を合唱する歌声喫茶が、歌を通じた連帯感など良さが見直され、青春期に歌声喫茶に行った中高年層を中心に、当時の歌をグループで熱唱するようになった。
   
  ○1,000人の大歌声喫茶Part4
  と き 平成19年1月21日(日)14時〜16時
  ところ 倉敷市玉島文化センター
  参加者 1,000名
  概 要 50〜60歳代以上の方を中心に約1,000人が参加して、みんなで歌おう1,000人の大歌声喫茶Part4が開催された。ステージには東京新宿ともしびより出前をいただき、あわせて菊池東さんのバイオリン伴奏、東京からのツアーの皆さんと「千の風になって」に入っていただいて名曲30曲を館内に響かせた。
   

  B.‘2006玉島ふるさとふれあい物産展の開催
    玉島地区工業製品を展示し、広く紹介、宣伝することによりマーケティングの強化を計るとともに産業の活性化と地域の活力化を目的に、倉敷市商工業活性化イベント推進事業として物産展を実施した。当日は39社の出展協力をいただいて、第19回目の物産展は好天にも恵まれ1万人を超える人手で終日賑わった。
     1.サブタイトル 音楽溢れる街たましまを目指して
   2.日    時 平成18年11月12日(日)午前8時〜午後3時
   3.会    場 倉敷市玉島支所 東側駐車場
   4.主    催 玉島商工会議所(観光開発委員会主管)
   5.後    援 岡山県倉敷地方振興局・倉敷市
   

  C.産業観光ツアー「GO!GO!みなと玉島探検隊Part2」の実施
   ハーバータウン玉島での産業観光を推進する為、体感体験ができる産業観光ツアーを6回バスを出して開催し延べ237名の方が参加されました。
江戸時代、千石船の出入りする港町として栄えた玉島。現在も、玉島ハーバーアイランド
  が国際物流の重要拠点として活況を呈しています。ビックスケールのコンテナターミナルや有力企業各社の工場見学を中心に、暮らしに根ざした地場産業などを紹介するため、「港と食と交流」をテーマに玉島観光ガイド協会の皆様にもご協力をいただき、6コースを作って、バスで大人も子供も、参加していただき実施いたしました。
   今回、産業観光についても広域的な連携が必要であることから、児島・玉島連携コースと玉島〜高梁まちなみ探検隊も実施した
   

  D.「お殿様の里帰り」みなと玉島〜高梁まちなみ連携フォーラムの開催
   玉島商工会議所では母なる高梁川でひとつに結ばれ歴史的なつながりの深い玉島と高梁市との連携を深め、相互に学びかつ刺激しあいながら、明日のまちづくりや地域産業振興の道を探り、あわせて高梁川流域の振興を図っていくことを目的に高梁商工会議所との広域連携・交流事業の一環として、最後の備中松山藩主・板倉家の第19代目当主にあたる板倉重徳氏をお招きして、板倉家とゆかりの深い西爽亭(旧柚木家住宅)をメイン会場に、「みなと玉島〜高梁まちなみ連携フォーラム」を開催した。