ABOUT MASAHIKO TAKEMOTO



TOP PAGEBACK NEXTRETAIL LABO

Copyright 1996 MASAHIKO TAKEMOTO with T-CORPORATION


竹元 雅彦(たけもと まさひこ)
1958年(昭和33年)兵庫県西宮市出身。
1969年アポロ月面着陸の年より広島県人を営んでいます。 途中京都での学生生活、茨城県土浦での産業機械メーカーの営業マン生活を経て85年より 某教育団体で企業のコンサルティングと人材育成の仕事に約20年間携わってきました。
専門領域は、小売業のマーケティングの研究で,「売る」ための仕組みつくり(システム)と販売に関る人の能力開発です。 「RETAIL MANAGEMNT」は日本ではまだ未確立の分野なので是非自論を展開していきたいと思います。 また、インターネットをインフラとしたこれからの小売企業の経営については、現在進行形で研究をすすめております。
これらの研究のきっかけは、学生時代から憧れであったアメリカの地を何度か訪れているうちに、 日本の小売業の課題の解がアメリカにあるのではないかと気づいた事に始まります。
そして、ひとつの研究として持論をまとめるために、それまでの渡米で集めた資料を基に1996年RETAIL LABを立ち上げました。
このページには9年間で18万人の訪問をいただき、多くの大学、企業、研究機関にもご利用いただいております。
また、このページを通じての多くの出会いもありました。 特に次世代流通企業研究会通じての関西を中心とした大学の先生方 や実務家の方々との出会いは 私の人生にとって大きな転機となりました。
1999年、今までの会社人生で凝り固まった 自分自身の思考のリストラを行うために 広島修道大学大学院商学研究科に入学し、2001年春無事卒業。 その間に次世代流通企業研究会の「次世代ショッピングセンター(担当 第13章)」、 「次世代流通サプライチエーン(担当 第1章)」(中央経済社)の執筆にも参加し、 卒業を機に2001年「日本商業学会」、「日本消費経済学会」の会員となりました。
2002年3月修士論文での研究をビジネス書 として書き下ろした。 「時間」のマーケティング(中央経済社)を発刊し、 2004年より広島修道大学商学部の教員となり現在に至ります。
教員紹介

This is (gumroom.gif) チューインガムが大好きだった。
イタリアに住んでいるりかちゃんに今一番会ってみたいです。



PONTIAC TRANS SPORT SE
我が家のインターネットが開通したのは1995年。それ以来衣料、食品とあらゆる内外のショッピングに挑戦してみました。そんな中で、これが恐らく最大のこだわりでインターネットでの情報を駆使して手に入れた一番大きな買い物です。 1995年の渡米の際にSCの駐車場でこの車に出会い「この車がほしい。」と購入を決断してから 1996年4月に納車されるまでの経験が、私をますますインターネットの世界に引き込んでしまったようです。この時私は近い将来「ネットで車を買う」時代を予感していました。とかく外車は、部品の手配や修理が面倒だと思われがちですが、GM純正部品等の調達は WORKS USAさんのお陰で驚くほど安く、また即座に入手可能で今だ苦労知らずです。


BMW TAKEMOTO-M'SPECIAL
最近の通勤に利用しているオンボロBMWです。
詳しくは、ブログで。



小売業お知り合いリンク


This is (mail2.gif) メールお待ちしています。