Costco Companies, Inc. の研究ページ




Photo by R.Yamazaki
■会員制ホールセールクラブ
COSTCOはホールセールクラブの元祖である「プライスクラブ」と 当時業界三位であったコスコが、1993年に合併したホールセールクラブである。 プライスクラブは、1976年カリフォルニア州サンディエゴでソル・プライスに よって創立。 一方コスコは1983年ワシントン州シアトルで営業開始を開始した。 83年に営業開始したウォルマートの「SAM'S」と熾烈な競争の結果 両社は合併に至った。 ホールセールクラブは徹底したローコスト経営をモットーとしており、 以下のような特性を有している。
1.会員制による会費での運営
2.倉庫型店舗による大量陳列と箱売り等による合理化
とにかく陳列量の多さには度肝を抜かれる。倉庫の機能を持たせながら 店舗としての機能を持たすそのあたりにローコスト経営の秘密がありそうだ。 店舗数は292(米国221 カナダ58 英国7 韓国3 台湾2 日本1) 尚低価格販売を支える会員数は世界で3000万人にのぼる。 (アニュアルレポートによると事業所会員数388万7000人 個人会員数955万5000人と なっている。上記3000万は事業所会員にぶらさがる個人会員を含めた総数である。)
■1999年4月23日 福岡 久山にオープン
「私達のメインの顧客は小規模商店を中心とする中小零細企業」。 99年4月23日に福岡市内から県道35号で北上約30分の距離、福岡県久山町の大規模ショッピングセンター (SC)「トリアス久山」内にコスコ日本1号店がオープンする。 店舗面積は13000uの平屋建てで、天井の高さ8.5mの巨大倉庫店舗に 生鮮食品、加工食品、日曜雑貨、家電、オフィス文具、家具、宝飾品、アウトドア関連、 スポーツ用品、医薬品など3500〜4000アイテムの商品を販売する予定で8割以上が日本製品。 価格は、他の日本のディスカウンターに比べて5〜10%低く設定する模様で 一般の小売店の仕入れ価格に極めて近い設定となる。 開店後1〜2ヶ月で二万人の会員を集め、初年度売上高72億円を目指す。 会費は米国の30$とほぼ同じで個人(18歳以上の収入のあること)は4000円を予定。 日本では2002年春までに5店を開店する計画。
■コストコ―会員制ホールセールクラブは、なぜ"高価値商品を低価格で"が可能なのか


ISBN:4478373108 ダイヤモンド社 (2000-09-07出版)
佐藤 生美雄【著】NDC分類:673.7 本体価格:\1,700
これはまさに、小売業における「利益パラダイム革新」だ!
米国最大規模を誇る会員制ホールセールクラブ、 その日本進出の舞台裏と、明快な経営の仕組みを解く本書は ある意味で日本の流通機構や行政のあり方に警鐘を促す書である。 著者佐藤氏は99年12月までコストコホールセールジャパンの店舗開発部長を勤めた方で、 出店までの経緯とホールセールの経営をわかりやすく解説している。 氏の言葉を借りればこの業態は発展途上にある。今後日本の流通構造の変化に伴い 確実に市場を拡大していくことが予想される。






COSTCO(USA)のホームページ
小売業の研究に戻る