HOME >> 平和・民主主義

9条改憲NO!教え子を戦場に送らないとりくみ

平和と民主主義をまもるとりくみの一部をご紹介します。

2021年度のとりくみ


高教組も参加する国民平和大行進が716日に岡山県入りし、26日に広島県へ引き継がれました。昨年の夏はコロナ禍のため、隊列を組んで歩く平和行進ができませんでしたが、今年は、歩く平和行進が復活しました。ただし、感染症と熱中症への対策のため、行進は午前中のみとなり、要所ではスタンディングなどのアピール行動が行われました。

高教組の各支部は、各分会へ平和行進への参加を呼びかけ、多くの仲間が参加しました。特に、倉敷まきび支援分会では、平和担当者がタペストリーの作成を呼びかけ、青と黄色の用紙に組合員のメッセージが記されたNO NUKESタペストリーを完成させ、平和行進に参加しました。

今年は、122日に核兵器禁止条約が発効し、20217月末時点で署名国数が86、批准は55か国に達しています。唯一の戦争被爆国である日本の政府こそ、ただちに核兵器禁止条約に署名し、国会に批准を求め、核兵器廃絶を求める国際世論の先頭に立つべきです。残念ながら、現在の日本政府は、核兵器による威嚇を肯定する核抑止=「核の傘」論に固執し、条約に背を向けています。一方、岡山県においては、27の市町村のうち20の議会が、日本政府に核兵器禁止条約への参加を求める意見書を採択または趣旨採択するなど、核兵器廃絶を求める世論は大きく広がっています。

2020年度のとりくみ



毎年、5月6日に東京夢の島(第五福竜丸記念館前)を出発し、8月6日に広島の平和記念公園へと到着する国民平和大行進。(岡山県内は7月16日〜26日)今年はコロナ禍により、すべての行程で行進団をつくって沿道にアピールしながら歩く平和行進は中止となっています。
そのかわりに「SNSで平和行進」として、例年の行程と同じ日程期間中、WEB上にピースメッセージカードや様々な方法で「平和」をアピールするとりくみとなっています。
岡山でも、例年の日程である7月16日から26日までの11日間、どの日でも良いのでご自身のFacebookやTwitterで核兵器禁止や平和大好きなどのピースアピールをしている写真とともにつぶやいてください。
詳しいとりくみ方は、原水爆禁止岡山県協議会(岡山原水協)のFacebookページにて確認してください。
村田執行委員長も早速、とりくみに参加しています!


岡山県原水協FBページ → https://www.facebook.com/%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E7%9C%8C%E5%8E%9F%E6%B0%B4%E5%8D%94-101718178224318



2019年度のとりくみ


考古学の立場から天皇制を分析

−2.11「建国記念の日」を考える岡山県民のつどい− 2月11日(火・祝)、「『建国記念の日』を考える県民のつどい」が岡山大学で開催されました。 明治初期、初代天皇である神武天皇即位を祝う祝日として紀元節が制定され、以後、紀元節は忠君愛国を鼓舞する祝日として、国家主義や軍国主義の温床となっていきました。戦後、GHQによって廃止された紀元節が祝日として復活したのが「建国記念の日」です。復活の動きが始まると、教育界や歴史学会がこぞって反対を表明し、このつどいが誕生しました。1967年から始まったこの反対運動は今年で52回を数えます。このつどいは、近年、歴史学や法学、政治学や教育学などの学問的視点でこの問題を切り込み、問題提起をし続けています。ここ数年は皇位継承など天皇制の諸課題を取り上げています。 今回は「歴史から天皇制と現代を考える」というテーマで、考古学の立場から、岡山大学名誉教授の新納(にいろ)泉氏が「古墳時代の大王は男系という継承だったのか」という講演をおこないました。新納氏は冒頭、政府・安倍首相が頻繁に用いる「2千年以上続く皇室の歴史」や「男系の継承」などというフレーズを歴史学では荒唐無稽な話だと一笑に付し、古墳時代(3世紀〜6世紀)は男系継承が何ら歴史学的根拠のないこと、大王権力も連続的ではないことを、古墳群の動向や記紀などの記事から論証していかれました。古墳時代は父系が強まるものの、母系も色濃く残るとし、記紀に残る男系の流れは記紀が編纂された8世紀の思考が投影されたものと論じました。また、王権も諸勢力の連立的性格で、皇室に相当する集団がこの時期に存在していた可能性は低いと言及しました。 新納氏の講演は考古学の最新の知見を踏まえつつ平易な言葉で語られ、現代の皇室の諸問題のみならず、結婚や家族を考える上で貴重な一時となりました。何より政府や首相の皇室に対する歴史観が歴史学的な裏付けもなく、多分に戦前以来の歴史観と政治的な粉飾にまみれていることを明確にした点は大きく、有意義な講義でした。 講演後の質疑も県民のつどいにふさわしく多様な質問・意見が出されました。主催者側によると80名をこえる参加者とのことで,さらなる今後の会の活動を期待したいと思います。

2018年度のとりくみ

5.3輝け日本国憲法!集会に600人超
松元ヒロ「憲法くん」大好評!俳句、歌、特別企画などでも憲法守れの訴え

憲法施行72周年を迎えた5月3日(金),岡山市立市民文化ホールで「第43回 5.3憲法記念日岡山県民のつどい『輝け日本国憲法!集会』」が開催され,県内各地から約600人がつどい,高教組からも15名が参加しました。
まず憲法擁護をテーマにした俳句の話や合唱,訴えがなされ,その後の松元ヒロさんによるトーク&ライブでは,ユーモアの中にも鋭い視点で社会の理不尽や矛盾に迫るパフォーマンスに,会場が笑いと涙で包まれました。
ヒロさんは冒頭,連日の新元号関連の報道過多に触れ,あたかも平成の時代に起きた様々な問題はすべてリセットされたようなメディアの雰囲気を批判し,未解決の問題には今後も声をあげ続けていく必要性を訴えました。 ヒロさんが自身を憲法に擬人化して演ずる「憲法くん」のパフォーマンスでは,自分(憲法)が生まれた時は,失意と絶望の中にいた国民が手をとりあって大喜びしたことを回想しながら,最近は自分が現実に合わないからといって「リストラ」されそうになっていることを不安げに漏らす姿が演じられました。
その上で,憲法は人類の理想であり,現実を理想に近づける努力するべきであって,現実に合わせるかたちで憲法を変えてしまえば,権力者が牛耳る世界をいよいよ生み出すことになると訴えました。
ルーマニアの独裁政権時代に,たったひとりの国民が堪らずあげた声がたちまち国全体に広がり,政権打倒のきっかけとなった物語を引き合いに,憲法を守り活かす正念場となっている今こそ,恐れず声をあげていくことの重要性を呼びかけました。
戦後70年余りに渡って国をかたちづくり,権力者の横暴を許してこなかった憲法が,時の政権掌握者によって都合よく変えられようとしていることの危険性を再確認した集会となりました。

11.3憲法公布記念のつどい

市民と野党の共闘とは何かを学ぶ
11.3憲法公布記念のつどい

2018年11月3日、標記のつどいが岡山市勤労者福祉センターにて実施されました。
小畑隆資さん(岡山大学名誉教授)による講演「『日本国憲法』と『政治』」では、日本国憲法をめぐる今の政界の様相や、市民と野党の共闘についての、今までの経緯と今後向かおうとしている方向についてお話いただきました。「古いからダメ、新しいものはいいものだという気分に惑わされてはいけない。
18年5月に安倍首相は今の時代に合わないとして9条改憲を表明したが、改憲理由や目的はいずれも現憲法で実現するものばかり。反対派の意見をなくすために憲法を変えようとする手法は、ゆるされない。メディアもそこを追及し、おかしい、と言わなければならない。」と述べ、民主主義がおびやかされている兆候への懸念と、市民の多様な要求や諸問題を「政治の解決するべき課題」として議論をすすめていくことの重要性を語りました。
また、先の沖縄選挙にも焦点が当てられ、前沖縄県知事翁長雄志氏が、自民党県議として県政に携わって以来、保守革新の両政権から沖縄の願いがやすやすと退けられ、約束を反故にされていった経緯を踏まえて、いかに今の「オール沖縄」体制をつくるに至ったかなども紹介されました。

広島・長崎へ興味を持ったきっかけは現社・公民の授業
―原水爆禁止世界大会2018(広島大会)―

8月4日(土)〜6日(月)、原水爆禁止世界大会に参加しました。
今回で何回目か回数は忘れましたが、最初の参加は40代後半くらいからでした。回を重ねることによって被爆者の体験談を聴く機会、原爆被害地の碑めぐり・遺跡めぐりの経験など、被爆の実相学習をしました。
過去の大会で特に印象に残っていることがふたつあります。
ひとつは、ウクライナ人の若い女性2人が、チェルノブイリ原発事故の被ばくを訴えたことです。顎から首筋にかけてのケロイドを参加者に見せる姿が悲しく、勇気のある発言と残酷な描写として今も心に残っています。
もうひとつは、遺跡めぐりで訪れた広島市の宇品港沖の似島でのことです。この島には原爆で死亡した多くの人が船で運ばれ、焼却された場所があります。後年、ある女性が行方不明の母を探すために島を訪れ、被爆者を焼却した場所の近くで母親が身に着けていた指輪を見つけ、「ああ、母は原爆で殺され、この島で焼かれたのだ」と知ったのです。
今回の大会では、北海道帯広地区の高校生が20数人参加し、閉会集会の壇上で発言しました。彼らの言葉の中に、大会に参加しようとする気持ちになったのは、高校の現代社会の授業、中学の公民の授業で広島・長崎の被爆事実を、教師が丁寧に教えてくれたのがきっかけになったということでした。彼らを見て、今回参加して彼らの姿に元気をもらいました。若い先生方、授業・部活動・補習などで多忙と思いますが、広島・長崎の町を訪ねてみませんか。
【下野 眞さん/津山商】



国民平和大行進60年の節目

7月16日に、核兵器廃絶を求めて全国をリレーして歩く「原水爆禁止国民平和大行進」が、東京→広島の通し行進者の南友佳子さん、四国→広島通し行進者の五十嵐成臣さんとともに岡山入りしました。
1958年に始まった平和行進は、今年も5月6日に東京の夢の島を出発し、広島で8月4日から開催される「原水爆禁止2018年世界大会」に向けてリレー形式でつないでおり、各校の高教組組合員が参加しました。ただし今年の暑さは格別で、どこの出発地も朝9時の時点ですでに猛暑の中。
「ただならぬ暑さです。声を掛け合って、くれぐれも無理せず歩きましょう。」とのあいさつに始まり、ひときわ厳しい数キロを連日歩きました。私たち高教組は、主に幹線コースや網の目コースの行進参加者として携わっていますが、平和行進の60年を支えてきた活動はそれだけではありません。沿道での「ヒバクシャ国際署名」、被爆者援護・連帯募金活動や、休憩地点での飲み物やスイカなどの差し入れ、原爆慰霊碑での慰霊行動など、様々な形での活動が脈々と続いています。「広島、長崎、ビキニ環礁、福島の悲劇を二度と繰り返さない」との思いを引き継いだ、暑い熱い61回目の平和行進となりました。



注意】当該地域に午前7時時点で「暴風雨警報」が発令されている場合、その日の行進は中止となります。午後から天候が回復する場合でも、再開することはありません。翌日以降、天候が回復すれば、予定通りその日のコースからの再開となります。中止となったコースから再開することはありません。

5.3憲法集会

5月3日(木)、岡山市民文化ホールで「第42回5.3憲法記念日岡山県民のつどい『輝け日本国憲法!集会』」が開催され、全県から約400人(うち高教組19人)がつどいました。記事はこちら。

退職教職員有志が「9条改憲NO!」の連名アピールを発表

4月6日、退職教職員アピール記者発表&交流集会が開かれました。
記事はこちら。

2017年度のとりくみ

高教組主催憲法学習会

2月24日(土)10:30〜12:00
記事はこちら。

戦争させない・9条壊すな総がかり行動(2/19)

2月19日(月)18:00〜岡山駅前(マツキヨ前)
退職教職員も横断幕でアピール
記事はこちら

退職教職員キックオフ集会

2月4日(日) 岡山市勤労者福祉センター会議室
幼少中高・障害児学校退職教職員有志が「憲法学習&キックオフ集会」
「9条改憲NO!3000万署名を!」退職者連名アピールを提起
記事はこちら