HOME >> 平和・民主主義

9条改憲NO!教え子を戦場に送らないとりくみ

平和と民主主義をまもるとりくみの一部をご紹介します。

当面のとりくみ(予定)

原水爆禁止世界大会2018

日本中はもちろんのこと、世界中からもたくさんの人たちが集まり「核兵器廃絶」の一点でつながる。そんな原水爆禁止世界大会へ、あなたも参加してみませんか?
◆ と き 8月4日(土)〜6日(月)
◆ ところ 広島市
◆ 内 容
【8/4(土)】開会総会:国際会議報告、広島市長・国連代表によるあいさつ・発言など
【8/5(日)】分科会:9つの分科会、5つの動く分科会、2つの特別集会、高校生企画など
【8/6(月)】閉会総会:被爆者の訴え、日本全国・世界の草の根の運動の交流など

2018年度のとりくみ

国民平和大行進60年の節目

7月16日に、核兵器廃絶を求めて全国をリレーして歩く「原水爆禁止国民平和大行進」が、東京→広島の通し行進者の南友佳子さん、四国→広島通し行進者の五十嵐成臣さんとともに岡山入りしました。
1958年に始まった平和行進は、今年も5月6日に東京の夢の島を出発し、広島で8月4日から開催される「原水爆禁止2018年世界大会」に向けてリレー形式でつないでおり、各校の高教組組合員が参加しました。ただし今年の暑さは格別で、どこの出発地も朝9時の時点ですでに猛暑の中。
「ただならぬ暑さです。声を掛け合って、くれぐれも無理せず歩きましょう。」とのあいさつに始まり、ひときわ厳しい数キロを連日歩きました。私たち高教組は、主に幹線コースや網の目コースの行進参加者として携わっていますが、平和行進の60年を支えてきた活動はそれだけではありません。沿道での「ヒバクシャ国際署名」、被爆者援護・連帯募金活動や、休憩地点での飲み物やスイカなどの差し入れ、原爆慰霊碑での慰霊行動など、様々な形での活動が脈々と続いています。「広島、長崎、ビキニ環礁、福島の悲劇を二度と繰り返さない」との思いを引き継いだ、暑い熱い61回目の平和行進となりました。



注意】当該地域に午前7時時点で「暴風雨警報」が発令されている場合、その日の行進は中止となります。午後から天候が回復する場合でも、再開することはありません。翌日以降、天候が回復すれば、予定通りその日のコースからの再開となります。中止となったコースから再開することはありません。

5.3憲法集会

5月3日(木)、岡山市民文化ホールで「第42回5.3憲法記念日岡山県民のつどい『輝け日本国憲法!集会』」が開催され、全県から約400人(うち高教組19人)がつどいました。記事はこちら。

退職教職員有志が「9条改憲NO!」の連名アピールを発表

4月6日、退職教職員アピール記者発表&交流集会が開かれました。
記事はこちら。

2017年度のとりくみ

高教組主催憲法学習会

2月24日(土)10:30〜12:00
記事はこちら。

戦争させない・9条壊すな総がかり行動(2/19)

2月19日(月)18:00〜岡山駅前(マツキヨ前)
退職教職員も横断幕でアピール
記事はこちら

退職教職員キックオフ集会

2月4日(日) 岡山市勤労者福祉センター会議室
幼少中高・障害児学校退職教職員有志が「憲法学習&キックオフ集会」
「9条改憲NO!3000万署名を!」退職者連名アピールを提起
記事はこちら

今後のとりくみ予定

アベ9条改憲NO!3月のとりくみ予定