>>ホーム >創業者紹介



 
 有限会社メッセンジャー創業者[ 現取締役会長 ]
       森山照子


―@お客様に一言、ご挨拶をお願いいたします。


 皆さんこんにちは、、私は森山照子、S15.10.17生まれです。
 背は低く「ブス」ですが人一倍働く事が大好き人間です。困った事を聞くと
 ほっておけない性格で、ついお手伝いしたがる、おせっかいおばさんです。
 過去の嫌な事は忘れて、常にプラス思考で前進するのみ!
 また、夢や希望を持ち、常に口に出して心に念じる事で必ず願いは叶うと
 信じています。


―A急送急配のメッセンジャーを立ち上げたきっかけは?
 
 私は11人兄弟の10番目としてこの世に生を受けました。
 昭和20年原爆投下を機にそれまで住んでいた呉より、父の里、高屋の山奥へ
 移り住みました。当時はまだ6歳。その頃から近所の人の「おつかい」をしては
 「おだちん」を頂き子供心に大変喜んでいました。今思うと、この経験が私の
 その後の人生に大いに役立ったのです。

  成人し、23歳の時に結婚、一男二女を授かります。しかし私が40歳の時です。
 主人の会社が倒産の憂き目にあい、1500万円以上の借金を背負う事になってしま
 いました。その当時、本当に死のうか生きようかと悩み悩んだ末に、「人のお役に
 たつ事をしよう。人のお役に立てばきっと必ずおだちんがもらえるんだ!」と6歳
 の時の事を思い出し、生きる事を決心したのでした。
 その時に「困ったときには一報を!」をキャッチフレーズに「メッセンジャー」を
 立ち上げ、急送急配・タイムレンタルを主軸業務として現在にいたるわけです。


 
―B設立から30年以上が経ちますが、ここまで続けられた会社の原動力は何ですか?

 「困ったときにお役に立ちたい。」との願いで、お客様が満足されたときの喜びを
 我が喜びとして受け止める事が出来るからです。その一念、その喜びで30年続けて
 くる事が出来ました。今後も人のお役に立てる会社としてスタッフ全員が
 全てのお客様のご依頼を全力で取り組んでいきたいと思います。


―C今後の事業展開、会社としての夢をお聞かせください。

 24時間365日の営業強化、荷物の性質に合った多種多様な運送車両の導入、
 多様なノウハウを活かした他社との差別化、優秀な人材の発掘採用、
 福利厚生設備を完備した自社ビルの構築、環境関連事業の充実。・・・etc,etc
 
 ・・・たくさん夢がありすぎて書ききれませんね(笑)


―D最後に成りましたが、環境に対する取り組みをお聞かせ下さい

 平成元年頃より美しい地球を子供達に残すために「ゴミ問題」を考えており、
 引越しや粗大ゴミの中にまだ生命(いのち)のある物がたくさん残っている
 事に気づきました。そこで地域の方たちと毎月末の日曜日はガレージセールと
 称してリサイクル、リユースを活用、促進してまいりました。
 
 それに伴い「環境に対する意識を変えるためのセミナー」を全国各地で開催。
 アトピーに悩む人、ガンに侵される人が近年増加している中で、再度水や食に
 関する啓蒙を深め再確認し、無農薬、無添加といった野菜などの提供も今後
 インターネットを通じ販売して行きたいと考えております。

 今後も、次世代へむけてやさしい企業であり続けるプロ集団である事をスタッフ
 一同肝に銘じ、日々皆様のご依頼を確実に遂行してゆく所存です。

 これからも「急送急配のメッセンジャー」をどうぞ御愛顧戴けますよう、
 よろしくお願いいたします。

―お忙しい所、ありがとうございました。



Copyright © 2004 messenger co.,ltd   CSS designed by Freesitetemplates.com
 TEL 082-291-2254FAX 082-291-1529