熱中症について



高温による障害・熱中症(熱射病)について

 今年も、猛暑が続いており先日群馬の前橋では40℃を超え、各地で気温も35℃を越え、高温により体調を崩す方も出ています。とくに疾患を持ったお年寄りでは体温保持能もみだれて重篤な状態になります。そこで今回は主にお年寄りの高温による障害、熱中症についてお話いたします。
 熱中症という言葉は聞き慣れないかもしれませんが昔から日射病といわれていた言葉と同じで、日射以外にも高温による障害をすべて含んでいます。また熱中症というと、暑い環境で起こるもの、という概念があるかと思われますが、スポーツや活動中においては、体内の筋肉から大量の熱を発生することや、脱水などの影響により、寒いとされる環境でも発生しうるものです。でも一般的には暑い夏の症状として良いと思います。

 熱中症には医学的に治療方針を立てるうえで3つの病態に分類されています。
 熱けいれん、熱疲労、熱射病等の言葉がありますが病状の程度で区別しているだけです。ここでは熱射病とし重症度を分けて説明いたします。
 また熱中症は、いくつかの症状が重なり合い、軽い症状から重い症状へと症状が進行することもありますが、きわめて短時間で急速に重症となることもありますので注意深い観察が必要となります。

熱中症の症状

 軽症では口渇や発熱、顔面紅潮、めまい等ですが、多量の発汗が続き、水分は補給しても、電解質とくにナトリウム(塩分)の補給が不十分な場合に下肢や腹壁の筋肉に強直性のけいれんがみられ熱けいれんと呼ばれます。また数秒間程度の失神も見られることがあります。運動をやめた直後に起こることが多いとされており、運動中にあった筋肉によるポンプ作用が運動を急に止めると止まってしまうことにより、一時的に脳への血流が減ること、また、長時間、暑い中での活動のため、末梢血管が広がり、相対的に全身への血液量が減少を起こすことによるとされています。
 もう少し進んで、大量に発汗して、水分とナトリウムのいずれかあるいは両方が不足した状態になると脱水症状が著明となり、めまい感、疲労感、虚脱感、頭重感(頭痛)、失神、吐き気、嘔吐などのいくつかの症状が重なり合って起こります。血圧の低下、頻脈(脈の速い状態)、皮膚の蒼白、多量の発汗などのショック症状が見られる事もあります。脱水と塩分などの電解質が失われて、末梢の循環が悪くなり、極度の脱力状態となり、この時点で放置あるいは誤った判断を行なえば重症化し、重症へ移行する危険性があります。
 強い口渇により水分だけを摂取すれぱナトリウム不足から熱けいれんと同じように筋のけいれんを起こします。まだ発汗機能が残されていれば、皮膚は湿潤し体湿は40℃を越えません。強い疲労感に加え、進行すれぱ意識障害を起こします。
 さらに重症化すれば意識障害、おかしな言動や行動、過呼吸、ショック症状などが起こります。高温下で体内の熱産生が発汗や放射などによる冷却機構を上回り、休温調整が破綻した状態となります。体温が40℃を越えると細胞に機能障害が起き、42℃では数分で細胞機能は不可逆性になります。診断や治療の遅れは、ただちに生命の危機につながるため、緊急を要します。

熱中症の注意と家庭での治療

 軽症の場合には高温環境から涼しい場所に移し、衣服をゆるめ仰臥位とします。
 普通の生活を送っていても、寝ているだけでも"汗"はかいています。それが高温や運動時となると、とても多くの量の汗をかくことになります。汗の元は、血液中の水分です。
 汗をかくということは、体の中から水分を外へ出してしまうということです。出してしまったら、補わないと(食事や飲み物をとらないと)、体の調子は悪くなります。
 悪くなった状態を脱水といいますが、この脱水した状態は、体の不調を起こすだけでなく、危険な症状を起こす原因となります。
 この危険な症状が熱中症なのです。従って、熱中症の場合にはまず水分を補給しなければならないということがお分かりだと思います。
 しかし脱水があるからといって水分だけの補給は前述したようにナトリウム不足になりますので必ず塩分の補給も必要です。水だけをとっても、吸収のスピードがあまり良くないため、脱水からの回復が早くないからです。吸収スピードを早やめ、回復を早めるには、塩分が必要なのです。
 水だけよりは薄い塩水の方が良いのです。
 猛暑の中での仕事や、ゴルフ・スポーツの際には、氷水、ジュース、ビールだけ飲んでいるとかえって、熱けいれんを起こす危険もあります。
 市販のスポーツドリンクは水分と電解質(塩分)が含まれており好都合です。
 また、暑い中で気分が悪くなったり、汗をかきすぎたりしたときには必ず休憩をして下さい。昔ながらの根性ものは危険です。
 嘔気や意識障害、体温が39℃を越えるような重症の場合には熱射病を考えすぐに医療機関を受診して下さい。点滴による水分と電解質の補給が急務です。
 また、救急車などの来るまでに体温が非常に高い場合には、衣服を除き、氷枕を腋窩や鼠径部に置き体を冷やして下さい。
  寝たきりなどのお年寄りは高温の部屋で寝ているだけでも体調を崩しますので、温度が異常に高い場合や汗をかいておられるときにはエアコンの使用も考えて下さい。

熱中症にかかりやすい条件として下記の人たちや増悪因子が報告されています。
かかりやすい者
 ○ 体力の弱い者(新入生や新人)
 ○ 肥満の者
 ○ 体調不良者
 ○ 暑熱馴化のできていない(暑さになれていない)者
 ○ 風邪など発熱している者.
 ○ 怪我や故障している者
 ○ 性格的に、我慢強い、まじめ、引っ込み思案な者など

増悪因子
 ○ 高齢者
 ○ 心疾患(冠状動脈疾患など)
 ○ 高血圧
 ○ アルコール中毒
 ○ 糖尿病
 ○ 発汗機能の低下者

 猛暑の夏を事故のないように乗り切って下さい。
      平成7年7月 初掲載 平成13年夏一部改変  
                            玖珂中央病院 吉岡春紀


玖珂中央病院ニュースページに戻ります