(このページはJavaScrioptを有効にしてご覧下さい)

FreeNote ... どこまでも描ける(…といいな、な)落書き帳

FreeNoteとは…。
Rozさんのページ(RozPhonix)で要望されていた、 どこまでもスクロールして描けるイメージノート(ZAURUSの標準アプリ)を目指したアプリです。
あたかもでっかい紙に描くがごとく、どこまでもメモが取れるというコンセプトで作成されています。

この度、複数ページに対応したFreeNote2にバージョンアップしました。

…が、javaでは、ペン追従性が悪いためいまいち使い勝手が悪い事もあり、現在では、Qt版に移行しています。
SLシリーズをご利用の方は、こちら(FreeNoteQt)をご利用ください。

対応機種 DOWNLOAD 特記事項
PC DOWNLOAD JREをインストールしたWindowsでは、ダブルクリックで実行できます。
※このときは、設定が保存されません。
コンソールでは、java -cp freenote2.jar Ap inifile名 です。
SL-ZAURUS QT版へ移行
こちら(FreeNoteQt)をご利用ください。
MI-ZAURUS DOWNLOAD Rozさんのご協力によりついに完成。
感謝です!
メニュー → tools → FreeNoteで起動します。
Pocket Cosmo DOWNLOAD mabさんにパッケージングしていただきました。
感謝です!
展開すると出てくる2つのファイルを、PCosmoに転送(CFカードのルートにコピー)し、通常の手順でインストールしてください。

画面モード

試してみる?→
終了はメニュー(*1)のquitからお願いします。
xボタンでは終了しません(仕様です)。
*1.ツールバーの何も無いところをクリックすると表示されます。

機能 操作 概要
描画モード MENU(F11)
(1)領域をペンでなぞる(ドラッグする)ことで描画します。
筆致精度を向上するため、ワンテンポ遅れて描画されます。
また、ペンを離す(ドラッグ終了する)と描画されます。
を押すことで、編集モードに変わります。
編集モード MENU(F11)
(1)領域をペンでなぞる(ドラッグする)ことで矩形が表示されます。
ペンを離す(ドラッグ終了する)ことで、矩形内に頂点を持つ図形が選択されます。
選択中の図形は灰色になります。
を押すことで、編集モードに変わります。
スクロール 方向キー
スクロールバー(2)
可視範囲を移動します。限界値は、2147483647です。(そう言えば、限界チェックしてない…(--;)
メニュー表示 (3) (3)の領域をタップ(クリック)するとメニューが表示されます。
home home 可視範囲を原点(左上)に戻します。
view view
キャンセル(ESC)
全体を見ることができます。タップ(クリック)した場所にジャンプします。
bold bold 太字にします。
page page ページに関する操作を行うメニューです。
set-title ページタイトルを設定します。
add
ページを追加します。
remove ページを削除します。
settings settings 各種設定を行います。
scroll off(なし)、on-v(縦)、on-h(横)、 on-b(縦横)
grid グリッドを表示します。
maximized 最大化します。(SL-C700用に調整しています)
tuning 反応速度と筆致精度のバランスを調整します。(デフォルトは200です)
init-size SL-A300の初期サイズ(240×280)に戻します。
file file データの保存、読込、変換を行います。
save
ファイルを保存します。拡張子は、.freeです。
FreeNoteとは、上位互換です。
load ファイルを読み込みます。
export 現在表示中のページをPDFに変換します。
clear clear 表示中のページデータを削除します。
new new 新しい状態にします。
quit quit アプリケーションを終了します。(×ボタンでは終了しません)
色選択 色を選択します。選択中の色には、□マークがつきます。
ページ選択 ページを移動します。頭4文字のページタイトルが表示されます。
改行 OK(ENTER)
描画モード時に有効です。
1回目は頭出し。2回目以降は改行(縦スクロール)になります。
削除 OK(ENTER)
編集モード時に有効です。
選択中(灰色)の図形を消去します。
凡例: menu キー

設定ファイル、freenote.iniのカスタマイズ
項目 概要 設定例
x 画面左上のx座標 x=0
y 画面左上のy座標 y=0
width 画面の幅 width=240
height 画面の高さ height=280
palette1〜8 パレットの色24ビット(RGB方式FFFFFFで白) palette1=FFFFFF
taskbar-height タスクバーの高さ。maximized時にscreen-height - taskbar-heightを設定する。
SL-A300のROM ver.1.4Jでは0。他は、34程度だと思う。
taskbar-height=40
scroll-mode スクロールモード
0..なし
1..縦
2..横
3..両方
scroll-mode=0
palsize メニューバーの大きさ palsize=8
maximized 最大化スイッチ
on..有効
off..無効
maximized=off
grid-on グリッド表示
on..表示
off..非表示
grid-on=off
dir 保存ディレクトリを指定します。 dir=/home/zaurus
interval 反応速度を指定します。 interval=200

これからのFreeNote
※並びは、出た順です。
改善案 概要 難易度 やる気 特記事項
画面固定オプション 起動時のサイズを指定するオプション ★☆☆☆☆ (-.-) 設定の保存ができるので必要ないと考えています。
アンカー 見ている場所を覚える ★☆☆☆☆ (^▽^)/ ver 1.0.5
ver 1.0.8で廃止
コピー・切取り・貼付け 編集機能を強化 ★★★★☆ (-.-) -
拡大・縮小 縮尺を指定し、指定した縮尺で使う。 ★★★★☆ (-.-) -
画面位置、サイズ保存 終了時のサイズを保存し、起動時に読込む。 ★☆☆☆☆ (^▽^)/ ver 1.0.6
全体プレビュー 全体を見渡し、指定した場所に移動する機能 ★★★☆☆ (^▽^)/ ver 1.0.8
カラーメニュー定義 パレットのカスタマイズ ★★★☆☆ (^▽^)/ ver 1.0.6
ページング 複数ページを管理 ★★★★☆ (^▽^)/ FreeNote2 v1.0
メニュー項目:quit メニューにquit追加 ★☆☆☆☆ (^▽^)/ ver 1.0.4
データのExport BMPなどに変換する。
ftconvの使えないMI-ZAURUSのユーザには必要。
★★★★☆ (^▽^)/ ver 1.0.5
pdfに対応しました。
ver 1.0.6
変換が不完全であったバグを修正しました。
高速起動設定 メニューから高速起動できるようにする。 ★☆☆☆☆ (^^; Jeode(SL-ZAURUSのJava)ではあまりオススメでないようです。
というかむしろ、出来ないみたいです。
(設定は可能だけど、きちんと動作しない)
消ゴム感覚でEDIT 消ゴムの様に削除 ★★★★★ (^^; FreeNoteのデータ構造にあわないため難易度高です。
筆致を滑らかに カクカクの筆致ではなくもっと滑らかに描きたい。 ★★★★★ (^^; SL-A300では、基本的にドラッグでパフォーマンスが落ちます。
残念ながら、現状では、アップデーターに期待するほかありません。
Ver 1.0.7で多少改善されています。
FreeNote2 v1.0で結構改善されています。
AutoScroll 画面の端で自動的にスクロールする。 ★★☆☆☆ (^▽^)/ ver 1.0.5
AutoScrollの修正 縦、横を選択できるようにしてほしい。 ★☆☆☆☆ (^▽^)/ ver 1.0.6
電源保持 使用中は電源が切れないようにして欲しい。
MI-ZAURUSでは、電源OFF時にElateが初期状態に戻る。
★★★★★ (^^; 申し訳ないですが、Javaでは、どうしようもなさそうです。
オートセーブ 定期的に自動セーブし、立上げ時に読込んで欲しい ★☆☆☆☆ (^^; Elateの電源問題があるため、書き込み途中にダウンなどしてしまうと、かえってキケンかもしれません。
改行(?)機能 OKキーを押すと、最後にペンを離した位置から頭出しをする。
2回目移行は縦スクロール。
★★★★☆ (^▽^)/ ver 1.0.7
グリッド表示 ガイドラインであるグリッドを表示します。 ★☆☆☆☆ (^▽^)/ ver 1.0.7
太字表示 太字が描けます。 ★★★☆☆ (^▽^)/ ver 1.0.7
AutoScrollの修正 斜めを復活させてほしい。 ★☆☆☆☆ (^▽^)/ ver 1.0.7
キャンセルキーのガード キャンセルキーで終了しないようにしてほしい。 ★☆☆☆☆ (^▽^)/ ver 1.0.9
キーでViewモードに Viewモード切替をハードキーに割り当ててほしい。 ★☆☆☆☆ (^▽^)/ ver 1.0.9
自動最大化 画面サイズに応じて、自動的にサイズ変更して欲しい。(C700用の機能) ★★☆☆☆ (^▽^)/ ver 1.0.9
ボタンのアイコン化 ボタンをアイコンにしてほしい。 ★★★★☆ (^▽^)/ FreeNote2 v1.0
saveボタンの追加 頻繁にsaveしたいので、saveボタンを追加してほしい。 ★☆☆☆☆ (^▽^)/ FreeNote2 v1.0
反応速度と筆致精度の調整 自分好みの反応速度と筆致精度を調整したい。
※両者はトレードオフします。
★☆☆☆☆ (^▽^)/ FreeNote2 v1.0

やる気早見表
(^▽^)/ 導入! 機能を追加しました。
(^-^) やる気 機能追加予定です。
(^^; ビミョウ? 気持ちはわかるけど…。
(-.-) 検討中 要望が多ければ、考えます。
現在判明している不具合
特に把握しておりません。

おまけ その1 クラスファイル一式
メインクラスはApです。
コンソールからjava -cp freenote.jar Ap 設定ファイル名で起動してください。

WindowsでJREをインストールしている方は、jarファイルをダブルクリックすることで起動します。(多分)

おまけ その2 FreeNote Data Converter
公開を終了します。

PDFエクスポートをご利用ください。(圧倒的に便利です)
FreeNote2では動作しません。

おまけ その3 人柱コーナー
ここは、リリース前のβ版(FreeNote2 1.0.32b)を置いています。 作成途中の実験的なモノがありますので、人柱になりたいっ!という奇特な方、 ご協力お願いいたします。

おまけ その4 FuryNote構想(?)
「FreeNote + 超整理法」の構想です。半分冗談。半分本気。
お試しアプレット公開中。


更新履歴:
2003/10/21 FreeNote2 Pocket Cosmo版リリース

2003/05/07 FreeNote2 v1.0リリース

2003/04/28 ver 1.0.9リリース

2003/04/22 ver 1.0.8リリース

2003/04/20 おまけ その3 ver 1.0.8人柱スタート
・Viewモード追加

2003/04/20 ver 1.0.7リリース

2003/04/17 おまけ その3 ver 1.0.7人柱スタート

2003/04/16 おまけ その4 FuryNote構想追加

2003/04/13 1.0.6リリース
・PDFエクスポート機能修正
・オートスクロール機能修正
・設定保存機能追加

2003/04/14 人柱コーナー新設
2003/04/13 1.0.5リリース
・PDFエクスポート機能搭載
・オートスクロール機能
・アンカー機能追加

2003/04/10 1.0.4リリース
・メニューにquit追加
・MI-ZAURUS用パッケージを追加

2003/04/09 1.0.3リリース
・バグ修正
・ファイルフィルター実装

2003/04/08 1.0.2リリース
・load, save時のディレクトリを保持
・saveファイル名の初期値として、年月日時分秒を元にしたファイル名を自動生成
・メニューにNewを追加
・編集中のファイル名をタイトルに表示
・パレット選択で描画モードに移行

2003/04/06 FreeNote Data Converterをバージョンアップ
・load時のスクロールバーの調整を修正。

2003/04/06 FreeNote -> JPEGコンバータ(FreeNote Data Converter)をリリース

2003/04/06 1.0.1リリース
・saveの不具合を修正

2003/04/05 1.0リリース


免責事項
当パッケージを使ったことで生じた如何なる障害も補償しかねますので、自己責任のもとご利用下さい。


ZAURUS宝箱からいらっしゃった方、よろしければ、TOPも見ていってください。

ご意見、ご要望は、BBSまでお願いいたします。