本気で歯を治したい方の、専門サイトです。

無痛歯科専門サイト 根管治療専門サイト 矯正歯科専門サイト 審美歯科専門サイト

・ 顕微鏡=マイクロスコープによる
  歯の神経・根管治療、歯内療法ができます。

歯の神経・根管治療、歯内療法では、顕微鏡=マイクロスコープにより、治療成績の向上につながっています。
根管治療の現状がどうなっているか、ご心配な方も、顕微鏡で見ればよくわかります。ご相談下さい。

・ 歯茎に「できもの」。感染根管治療

・ プチッとした「できもの」が、膿の出口です

膿の出口

膿がたまると、体調の悪い時になどに痛んだりしながら、体積を増し、膿は出口を求めて迷走し、歯茎からあふれて出てきます。
それがあの「できもの」です。

フィステル図

・ 根の先が化膿しているからです。

過去、神経を取った後、根の先に菌が残っていると、何年か後に化膿してくる事があります。
季節の変わり目や、体調が悪い時などに、痛んだり、膿が出たりします。

・ 根管治療後。化膿が治ったところ

化膿が治った

治療後は、膿の出口「できもの」がなくなっています。

・ 歯の神経・根管治療、歯内療法の実際

・ 顕微鏡による根管治療 ラバーダム

歯の神経・根管治療、歯内療法

防菌・防湿シート「ラバーダム」を装着し、治療準備をします。

・ 顕微鏡による根管治療 髄腔開拡

髄腔開拡

歯の噛み合わせから、歯の中心へ必要最小限のアクセスホールを作ります。
根管が2つあるのが見えます。

・ 顕微鏡による根管治療 根管長の測定

根管長の測定

根の中に細いワイヤー(Kファイル)を通し、レントゲンで長さが合っているか確認します。長さはぴったりです。
2根管ですから、Kファイルは2本入っています。

・ 顕微鏡による根管治療 根管拡大

根管拡大

根の中を必要最小限の太さに拡大し、作業しやすくすると共に、根管壁を清掃します。
2本の根管は根の先で合流していましたので、1本の根管になりました。

・ 顕微鏡による根管治療 根管充填

根管充填

根の中を消毒後、根管充填剤で根の中を詰めます。

・ 顕微鏡による根管治療 レントゲン確認

レントゲン確認

根管はピッタリと充填されています。
根の先、左側に側枝と呼ばれる分岐に、細く枝分かれ状に根充剤が入っているのが分かりますでしょうか?
このような根管充填が目標です。
次回、治癒を確認して、コンポジットレジンを充填します。

・ 顕微鏡による根管治療 コンポジットレジン充填

コンポジットレジン充填

まるで虫歯がなかったかのように自然に仕上がります。

・ 顕微鏡による根管治療 終了

以上の治療は2回で終えることができました。
以上の様な治療を、歯の神経の治療、根管治療、歯内療法と言います
このように、根管治療に顕微鏡を用いることは、治療上、非常に効果があります。

・ 根管治療を勉強なさって下さい

このように細かい配慮を積み重ねた上での根管治療の成功ですので、簡単に成功させてくれない事がわかります。
アメリカの根管治療専門医は、90数%の成功率を誇り、根管治療からコアまでが守備範囲。最終補綴物は他院でなされますので、根管治療が失敗すると他院から苦情が出ますから、大きな責任と重圧を負って治療しているのです。
日本のようにラバーダムもせずに根管治療をせざるを得ないなど、アメリカでは考えられませんが、保険制度上の問題があり、日本の歯医者さんはまじめで技術はあるのにかわいそうです。
保険点数が少ないというのは、時間を頂けないということです。
ですから、再治療が必要なケースが多々あるのも仕方ないかもしれません。
これは、国の制度が大きく変わらない限りどうしようもないのです。
と文句を言っても仕方ありません。自分の身は自分で守るしかありませんから、色んな情報を勉強され、受診の参考になさってください。

・ 当院では抜髄はほとんどありません。

当院で神経を取ることはめったにありません。
3Mix・間接覆髄などで、神経を残す様に治療します。
暫間的間接覆髄法、ステップエキスカベーションなどと言われます。
1回目の治療は、深部の虫歯は残し、歯髄を保護する薬を入れて終了します。
2回目は、虫歯の歯髄側に修復象牙質ができるのを待って、数ヶ月後に再度う蝕を除去する方法です。
この方法ですと、深い虫歯でも、神経を取る危険性が大幅に減ります。
深い虫歯を、いきなり深部までう蝕除去すると、神経が露出(露髄)することがあり、神経を取る事(抜髄)になる危険が高まりますので、当院では深い虫歯は慎重です。
過去どこかでなさった直接覆髄が、後になって痛んできたと初診でお越しになるケースが、時々経験します。
直接覆髄というのは、虫歯を取った時、歯髄が露出したため、露出歯髄に神経を守る薬を塗る事です。
露髄や直接覆髄を防止する事が大切な事がよく分かります。

・ 治療時間は、毎回2時間。

歯内療法は、直径1mm以下の根の中、17−20mm奥。
この様な難しい場所ですから、短時間の適当な処置でうまくいくはずがありません。
充分な治療時間が必要です。
また、治療時間が長くなりますから、皆様が、治療が楽にできるよう、さまざまな工夫をしています。
どうぞ、お休みになってください。その間に治療しておきます。

良い歯になると、気持ちが変る。気持ちが変れば、人生が変る

  アルパーク歯科・矯正歯科  TEL 082-501-1117
  〒733-0834広島県広島市西区草津新町2-26-1アルパーク東棟8階

・ 院長は、約20年間、虫歯・歯周病がありません。

・ 口はさっぱりして快適。

歯がよい事は、とてもうれしいものです。
院長も昔は普通の高校生でしたから、歯科に通っていましたが、対策後は虫歯が発生しなくなりました。

・ 皆様も良い歯になれます。

院長だけが特別な歯なのではありません。

・ 良い歯になるために、どうすれば良いか。

・ 現状分析

歯の現状がどのようになっているか、詳細に調べます。

・ 原因因子の解析

細菌と顎口腔系の力学という2つの原因因子が、どのように関与しているか、解析します。

・ 対策の立案

お1人づつ治療計画を立てます。

・ 痛くない、やさしい治療です

当院は、痛くない治療が、広島でできる歯科医院です。

痛くない治療

ほぼ毎回、痛くない治療、無痛治療ができます。
ご安心ください。
広島の他の歯医者さんで、麻酔が効かなかった方でも、当院では麻酔が効き、痛くない治療ができておられます。

・ 子供の矯正・床矯正

床矯正

・ 歯並びまっすぐ、横顔もかっこいい、
  銀歯なしの真っ白な歯が目標です。

良い歯並びで、かっこいい子供さんになります。
虫歯ゼロの白い歯は、とても美しいものです。

・ 子供さんも楽しく通えます。

・ 大人の矯正

きれいな歯並び

・ 何歳でも治療できます。

「いつか、歯並びを直したかった」こんな方は結構多いのです。
あこがれのきれいな歯並びになれます。

・ 非抜歯矯正

・ 抜かないで歯並びを直す方法

大人・子供さん、両方に対応します。