トップページ > 部門の紹介 > 看護部門 > 新人研修

院内オリエンテーションを終えて主任会による新人技術研修風景です。
研修内容は「安全と安楽」セーフティマネジメントを含めた患者さんの安楽、「与薬・注射」薬剤の特殊性と注射技術、特に注射に関しては院内教育の充実を目指す看護部の方針です。
「感染防止」「心電図モニターについて」等々、主任会が研修を担当し、院内で行われている技術を習得して各部署に配属になります。

 

主任会は新人研修を通して「看護を実践する看護師としての責任と自覚」を喚起し、看護技術の向上をめざして努力しています。今回の研修でも真剣な面持ちで取り組む新人たちに「がんばる意欲」を感じとても嬉しく思いました。今後も卒後2年目までは「看護展開・心電図の見方・救急蘇生」等の研修を行っていきます。主任会もがんばります。

 

 

←前のページに戻る