トップページ > 理念と患者権利章典

 

安芸太田病院では「病院理念」と「患者権利章典」を制定いたしました。

高齢化の進展、医療技術の進歩、生活様式の変化など医療をとりまく環境が大きく変化しており、地域のみなさんの保健・医療・福祉への要望は多岐にわたり増大しています。

このような中で利用者の視点に立った「安心と信頼を寄せられる質の高い医療の提供」「予防からリハビリまでの包括医療の提供」を実現するため基本方針を明文化し、より住民のみなさんの要望にそった保健・医療・福祉サービスの実現に向けて取り組みを案内しますのでよろしくお願いします。

「 患者権利章典 」
医療は患者さんと医療提供者側が互いの信頼関係に基づき協働して作り上げていくものと考えます。そのため、患者さんには「患者中心の医療」の理念のもと主体的に自分の医療に参加していただくことが必要です。

安芸太田病院はこの考えに基づきここに「患者権利章典」を制定します。

1.患者さんは誰でも公平に良質な医療を受ける権利を有します。

2.患者さんは人間としての尊厳を有しながら医療を受ける権利を有しています。

3.患者さんは自分の診療内容(病名、検査、治療など)に関して、理解しやすい言葉や方法で、十分な説明や情報を受ける権利を有します。

4.患者さんは十分な説明と情報提供を受けたうえで治療方法などを自らの意志で自由に選択する権利を有します。

5.患者さんは診療の過程で得られる個人情報の秘密が守られる権利を有します。

6.患者さんは自己の診療記録の開示を求める権利を有します。(申請手順、およびその可否は当院診療録開示委員会規約による)

7.患者さんは研究途上の医療に関しては、十分な情報提供をうけたうえで、その医療を受けるかどうかを決める権利と、何らかの不利益を受けることなくいつでもその医療を拒否する権利を有します。
医師その他医療に従事するものおよびその組織は、これらの権利を認識し擁護する共同の責任を担っている。