トップページ > 部門の紹介 > 放射線部門

放射線部門のスタッフは診療放射線技師4名で、日常業務は、一般撮影検査・CT検査・MRI検査と、その他の業務(病室や手術室での撮影・X線TV検査など)の4つの業務に分かれています。私たちは速やかな検査への応対と患者さんへの思いやり、診断・治療に役立つ最良の技術の提供、医療被ばくの低減、をモットーに放射線技術の専門家としてプロ意識を忘れない質の高さを目指していこうと考えております。

1. 一般撮影検査

当院では、最新型一般撮影装置(島津製作所社製RADspeedPro 富士フィルムメディカル社製Console Advance)を設置しています。

胸部・腹部・手足の骨などのレントゲン撮影に使用します。 従来、床に寝ていただいて撮影していた脚や脊椎の長尺撮影も、ベッドの上で撮ることができるようになりました。

X線検出器にはFPD(フラットパネルディテクタ)を採用しているため高画質な写真を撮ることができ、病気の早期発見、治療に役立ちます。

 

2. CT検査

CT装置は、頭部・胸部・腹部などの輪切り状の画像を撮影する検査です。X線を人体に照射し、透過したX線は反対側に並べられた検出器で検出されます。これが1回転することで360度方向の透過X線量の情報はデジタルに変換され、コンピュータで解析し人体の輪切りの二次元画像として表示されます。

検査対象は外傷をはじめ脳疾患、胸部疾患、腹部疾患、血管の観察、そして骨の観察に至るまで全身が撮影可能で、データ処理により立体的な三次元画像(3D)を作成、観察することができます。

検査時間は簡単な検査で5〜15分程度です。より詳しく検査する目的で造影剤という薬を静脈から注入して撮影することもあります。
また、体格にあわせて無駄なX線を照射しない機能を装備していますので、今まで以上に「やさしい検査」を受けて頂けるようになり、かつ詳細な情報をご提供することができます。

3. MRI検査

最新型MRI装置Optima MR360 Advance 1.5T(GEヘルスケア社製)を導入しました。
MRIは強い磁石と特殊な電波の力により人体内部の構造を鮮明にみることができる最新の医療用画像診断装置です。放射線を用いないので放射線被ばくはありません。

頭部領域の小さな疾患や整形外科領域、腹部領域などの全身各部位の診断に役立ちます。

MRI検査は大きな磁石のドームの中に入り、撮影時には大きな連続音がしますが
ベッドに寝ているだけで体の向きをかえることなく、様々な断面の撮像が可能です。

造影剤なしでも血管撮像が可能といった特長があります。(検査内容によっては造影剤を使用することがあります。)
注意事項として、ペースメーカーを埋め込まれている方、体内に金属のある方(最近の手術による体内金属は主治医にご相談下さい)また、閉所恐怖症の方は検査を行うことができません。


尚、このMRI検査は脳ドックにおいても実施しておりますのでご利用ください。

4. X線TV検査

最新型X線TV装置SONIALVISION G4(島津製作所社製)を設置しています。

従来の消化管検査や胆道系の検査・治療、整形外科領域の脊髄腔・脊髄神経根などの検査に加え、血管造影(肝臓がん等のカテーテル治療)もこの装置で行うことができるようになりました。

この装置では、ベッドが低くまで下がるため、乗り降りを楽にしていただけます。 また、以前に比べ大幅に少ないX線量で綺麗な写真を撮ることができ、患者様により優しい検査環境をご提供することができます。

尚、胃透視は一般ドックにおいても実施しておりますのでご利用ください。


5
.骨塩定量測定


高齢化社会にともない近年、骨折の原因になる骨粗鬆症への関心が高まりつつあります。骨粗鬆症は高齢の方、特に閉経後の女性の方に多い病気で、骨粗鬆症の診断の目的は脊椎骨折、大腿骨頸部骨折などの骨折予防にあり適切な治療を行うことを目的としています。
早期の発見には骨折と密接な関係がある骨量の正確な測定が不可欠となります。
当院に設置しています装置は、骨粗鬆症の診断および治療効果の判定に最も多く使用され精度に優れていますDXA法(デキサ法:二重エネルギーエックス線吸収測定法)を用いた骨塩定量測定装置です。

● 特長
・ 特に高齢の方の骨折する部位となっています、腰椎・股関節・手関節の測定が可能です。
・ 極めて少ないX線を使用していますので安心です。
・ 着衣のまま約15分程度ベッドに横になるだけで、痛みもなく簡単に測定できます。(測定部位に金属がある場合は除いていただきます)
・ 定期的な検査で正確な診断が行え、治療の経過がわかります。
・ ダイエットによる栄養障害からなる骨量減少の診断等にも有効です。

骨折の原因となる骨粗鬆症の予防、治療のために生活習慣や食事について注意を払うためにも、
自分の骨量を知ることは重要となっています。


 
 
データを解析しこのような結果報告書が作成されます。

設置装置

装置 装置名 メーカー
 MRI装置  Optima MR360 Advance 1.5T  GEヘルスケア・ジャパン
 X線TV装置  SONIALVISION G4  島津製作所
 CT装置  Aquilion Lightning/Helios Edition
 キャノンメディカルシステムズ
 一般撮影装置  RADspeedPro
 Console Advance
 島津製作所
 富士フィルムメディカル
 外科用イメージ装置  OPESCOPE  島津製作所
 回診用撮影装置  Mobile Art Evolution 
 MC 125L
 島津製作所
 イメージャー  DRYPIX 7000
 富士フィルムメディカル
 骨塩定量測定装置  DPX-BRAVO  GEヘルスケア・ジャパン
 眼底カメラ  FF-7000  フクダ電子

↑このページのトップへ