トップページ > 部門の紹介 > 臨床検査部門

今回は、検体検査の説明をします。院内で実施している一部を、主に使用検査機器に関連する検査を中心にご紹介します。

1.一般検査
 ’検査
尿検査は、尿のタンパクや糖など試験紙を使って色の変化で判定します。健康な人では、タンパクや糖あるいは潜血(化学的検査で検出可能な微量な血液)は検出されません。当院では、9検査項目の尿検査を写真−1の半自動タイプの分析器を使って検査しています。
腎臓・膀胱・肝臓などの病気を発見することができます。
その他、尿を顕微鏡で観察する尿沈渣検査、細菌検査などあります。
◆(惴〆
便潜血検査は便の中に混ざっている血液の有無を調べます。消化管内、特に大腸の出血の有無から、がんの早期発見に役立ちます。
その他、寄生虫やその虫卵の検査があります。

2. 血液一般検査    
血液は体中に酸素や栄養を運びまた二酸化炭素や老廃物を回収する大切な役目をしています。
血液一般検査には次のようなものがあります。
 \峽豕綽
赤血球が減少すると酸素の運搬量が減り貧血が起こります。増加しすぎると血管を流れにくくつまりやすくなり重大な病気を起こしやすくなります。
◆.悒皀哀蹈咼鵝雰貎Я如
ヘモグロビンは赤血球の主成分(赤い色)で酸素や二酸化炭素の運搬を担当しています。
G魴豕綽
体内に細菌などが入ってくると白血球が防御のため増加します。
し貍板数
怪我などして出血すると血小板が働いて止血をします。血小板が減少すると血が止まらなくなります。
当院では、上記検査を写真−2の全自動血球計数器で測定します。
その他、顕微鏡で白血球などを観察し炎症や血液の病気(白血病等)の検査をします。

3.生化学検査
生化学検査は血液(主に血清)や髄液や尿の中に含まれる化学物質の量を測定し各臓器の状態をしらべます。
AST(GOT)は、心臓に最も多く含まれ次に肝臓に多く含まれる酵素ですが、心臓や肝臓の細胞に障害がおきると血中に放出され血中濃度が健常時より高くなります。このように酵素や脂質・タンパクや代謝産物の臓器分布の量の違いなどからいろいろな検査を組み合わせ肝臓や腎臓・すい臓など内臓関係全般の病気の診断の補助ができます。
当院では、写真−3の生化学自動分析器を使い検査を実施しています。
院内実施の検査項目は約30です。 
主な生化学検査項目
ヾ竜’宗 АAST ALT γGTP ALP ビリルビン コリンエステラーゼ
⊃婬’宗 АBUN クレアチニン 尿酸
E尿病 :血糖 グリコヘモグロビン
せ藜糎〆此 Я蹈灰譽好謄蹇璽襦HDL−コレステロール LDL−コレステロール 中性脂肪
他にも感染症など血清学的検査や血液凝固検査、重要な輸血検査などがあります

↑このページのトップへ