トップページ > 部門の紹介 > 看護部門

安芸太田病院看護部のページをご覧いただきありがとうございます。

ごあいさつ


 安芸太田病院看護部は理念に基づき、地域のみなさまと健康で安心な生活ができるべくチーム医療の一員としての責務を果たすよう日々の看護実践に努力しております。

 看護の質を高めるために院内での新人教育にはじまり、現任者教育、OFF-JTとして看護協会への認定管理者研修等にも参加受講して地域の医療・保健・福祉という連携の中で看護専門職として主体的に実践ができるように自己研鑽につとめております。
 
  さらに昨年からは衛星放送研修やインターネットによるオンデマンド研修の導入を行い、新人看護師教育ガイドラインに沿った教育プログラムの推進をはじめ現任看護師教育においてもWLB(ワークライフバランス)の改善とともに知識と技術の向上に努めています。
 
  また、今年度からはキャリア手帳の導入によって看護師のキャリアを記録に残すことで自分の経験を客観的に評価できる仕組みも導入しました。
 
  看護は人と人のつながりの上に成り立つものであり、倫理や感性といった人としての経験も質を高めるための重要なことだと考えています。これからも安芸太田病院看護部は地域医療をめざす優しい看護師の育成をすすめていきます。

看護部長 斎原 隆文

只今、看護師を募集しております。詳しくはこちらへ


看護部理念
地域の中核病院として、地域の方の心の支えとなり 、質の高い看護を提供します。

看護部の方針
1.患者や家族を尊重し、個々のニーズに対応した看護を実践します。
2.安全で安楽な療養生活が出来るように快適な療養環境の維持に努めます。
3.専門職としての自覚を持ち、主体的に看護が実践できるように自己研鑽に努めます。
4.社会のニーズ(地域のニーズ)や医療環境の変化に対応します。
5.他部門との連携を密にしてチーム医療を推進します。


看護部の紹介
 主な活動や会議など

1.師長会 
・病院経営への参画
・病棟運営、ベッドコントロール
・各部署の状況、問題点の共有、解決策の検討
・職員教育に関すること

2.主任会 
・新人研修の実施など(新人研修の詳細はこちらへ)
・看護助手の教育、研修
 年2回以上実施し看護助手業務規定に沿って振り返りを行う。また倫理、技術研修を含めた内容の研修を実施。

3.教育委員会
・院内看護教育計画の立案・評価基準の作成など
・院内全体研修の企画・運営

4.記録検討委員会
 看護記録は患者さんを中心とした医療・看護の実施記録であり、その課題は医療環境や看護方式の変化に伴い刻々と変化しています。当院においても電子カルテシステムが導入され、より一層のチーム医療、看護の質の向上をめざして記録の評価をおこない、記録・看護の在り方を検討し、看護診断を起用しています。

5.看護助手会議
・リネン、病衣等の在庫調整
・各病棟の看護補助業務における問題点を共有し、解決策の検討。

6.その他の委員会は院内全体の委員会に属します。

広島県看護協会広島北支部共通看護サマリーがダウンロードできます。

どうぞご利用ください。