トップページ > 部門の紹介 > 栄養部門

栄養部門は、患者様の身体状況に合わせた栄養指導やお食事の提供など、栄養面からのサポートを行っております。業務内容は主に栄養管理と給食管理を行っています。

【栄養管理】
○栄養指導・栄養相談(外来・入院)
  医師の指示のもと、管理栄養士が栄養指導・栄養相談を行っております。お食事のコツや方法などをお話しさせていただいております。食事のことでお困りのことがございましたら、医師の診察時にご相談ください(※予約制)。
≪対象病名≫ 糖尿病、脂質異常症、腎臓病など

○NST(栄養サポートチーム)

  NST(エヌエスティー)とは、入院患者様の栄養状態や食事内容、飲み込みの状態などを、院内の様々な職種が集まり、考えるチームのことです。栄養状態が悪くなると、体力の回復が遅れたり、褥瘡(床ずれ)や感染を起こしやすくなります。それを防ぐために、今当院では、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、心理療法士、管理栄養士、医事のスタッフが連携を取りながら関わらせていただいております。

【給食管理】病院給食の提供について
○衛生管理の徹底
  安心・安全なお食事の提供のため、衛生管理の徹底を行っております。温冷蔵配膳車を利用し、適時適温のお食事を提供しております。

○食事形態への配慮
  普通食や、軟らかく調理されている食事、ムースやゼリー状になった食事などを提供しております。

○食事形態への配慮
  毎月、季節を感じていただけるお食事に、メッセージカードを添えて提供しております。 (※治療等の関係上、提供させていただくことが難しい場合があります。ご了承ください。)




【その他】
○かがやき(糖尿病)教室
  毎年6月〜11月頃に、生活習慣病予防教室を開催しています。看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、管理栄養士など専門職種とのグループワークや、糖尿病外来担当医による講義等を行っております。
※お問い合わせは、栄養部門までお願いいたします。