トップページ > 病院長挨拶

 

  

  安芸太田病院長

  結城 常譜 (ゆうき つねつぐ)

 安芸太田町は過疎化、高齢化が進む町であり、その対応として早くから地域包括ケア(住み慣れた場所で自分らしい生活が送れるように保健、医療、介護が連携すること)が推進されてきた地域です。安芸太田病院は町立の病院として、地域の医療を支える中心的な役割を果たしてきました。しかし過去20年の間に中山間地域では、医師や看護師などの医療職不足、人口減に伴う医療機関の経営悪化が急速に進行し、厳しい状況が続いています。そのような中、病院理念として「地域のみなさんが安心して生活でき、心の支えとなる保健、医療、福祉を提供します」をあげ、過疎地でも十分な医療が提供できるよう、行政、大学、医師会と連携をとりながら医療職の確保、施設や医療機器の更新をおこなってきました。
 近年ようやく、地域医療に目が向けられるようになり、さまざまな施策で過疎地の医療を支える動きがおきています。安芸太田町と広島市が協定を結ぶことで、安芸太田病院と安佐市民病院が互いに、医療職の派遣、連携を行えるようになりました。また、医学部がふるさと枠医師を養成し、卒後に医師不足の地方へ派遣するシステムができました。しかし、義務年限の間、医師を地域に勤めさせることはできても、その後に医師が進んで地域に残り、定着するようになるには、まだまだ若手医療職に地域医療、地域包括ケアが浸透していないのが現状です。安芸太田病院ではもう一つの理念として「人間性豊かな医療人の育成を目指します」をかかげ、職員の積極的な教育はもとより、医療関係者、医療をめざす学生たちの病院実習をできる限り引き受けるようにしています。今後、地域に寄り添う医療人が少しでも多く育ってくれればという思いからです。

 これからもこの地域で必要とされる保健、医療、福祉を提供することが、この病院の責務と考えています。今後も、どうか皆様のご支援、ご理解を賜りますよう、よろしくお願いいたします。