当院について脊柱側弯症一般整形外科


 生活習慣病による肥満は整形外科的疾患に大きな影響を与えています。皆さん一様に自覚はされているものの、その解消にはつながっていないのが実情のようです。そこで指導を必要とする人には体重管理を目的に、体脂肪・体重・血圧・筋力などを測定して、現状を正しく認識していただき、徹底的な食生活指導の上、減量のための運動処方をしています。必要に応じては漢方を含め薬物処方なども追加しています。これらの指導を完全に遂行できた人は10Kg以上の減量を達成しており、その結果、高血圧症、高脂血症、腰痛、膝痛なども改善し薬が必要でなくなっています。たとえば、「いずみだより11号」でご紹介している男性は初診時84Kgでしたが、真面目に取り組まれ、最終的には66Kgとなりズボンがブカブカとなっておられます。(写真25)

写真25
もどる