当院について脊柱側弯症一般整形外科


 当院では、家庭療養をしている方で通院が困難な方を対象に、副院長鳥井(PT)を中心に訪問診療や訪問看護、訪問リハビリを行なっています。 訪問診療は院長が、訪問看護は2名の看護師が、訪問リハビリは2名の理学療法士がそれぞれ交代で担当しています。たとえ寝たきりの状態にあっても、その方の持っておられる潜在能力を最大限に生かして、できる限り自立した生活をめざし、そして家の外に出かけることによって、生活空間の広がりと他の人たちとの交流を豊かにしていくことをめざします。

 「今さらアレコレしても」とあきらめている方も、ぜひ一度ご相談ください。私たちが訪問できるお宅の数は限られていますが、私たちが訪問できない場合は、他の訪問リハビリや訪問看護ステーションをご紹介いたします。