広島市職員労働組合

しぶきバックナンバー

しぶき記事

広島市職員のお仕事知ろう会
職種を超えてつながろう

初めて企画 お仕事知ろう会

 市職労は1月25日、「広島市職員のお仕事知ろう会」を開催し、17名が参加しました。この学習会は、いろいろな職種の仕事内容を知ることと、職種を超えて職員同士のつながりを深めることを目的として、今回初めて企画をしました。前半はお仕事報告、後半はグループでの交流と、2部構成の学習会です。


保育園調理と市民課のお仕事

 今回は、保育園調理員と区役所市民課のお仕事報告を聞きました。保育園調理員は、1日の仕事の流れを紙芝居で紹介し、保育園で行っている食育活動について報告しました。市民課職員は、市民課で発行するいろいろな証明書とそれにかかわる制度について説明をしました。

 参加者からは「給食の食材の多さに驚いた!」「保育園で育てた野菜を調理することもあるの?」「マイナンバー制度は便利なのか。個人情報は保護される?」などの声があり、短い時間でしたが、それぞれの仕事に関心を持つことができました。


仕事の内容を紹介しあって

 グループ交流ではさらに幅広い職種の方と交流することができ、お互いの仕事内容を紹介しあったり、疑問に思った事を気軽にたずねたりして盛り上がりました。施設・設備の違いや業務に必要な被服に関する話、市民とのかかわりや職場内の人間関係の話、市民生活にかかわる制度や広島市政の話など、職種は違っても共感できる部分が多くあり、楽しいひとときとなりました。


 次回の開催が決まりましたらお知らせしますので、みなさんぜひご参加ください。

時間外労働 さまざまな基準・指針
実効ある規制の実施を

 最近、長時間労働の是正のために、政府が残業時間の上限を設けることを検討していると報道されています。

 残業時間の上限規定が設けられれば、公務員についても災害のような緊急事態でなければ、上限の規制を受けることになると思われます。


100時間超え36条協定?!

 ただ、いまでも労働基準法にもとづき、基準がないわけではありません。しかし、特例措置などが設けられ、あまり守られていません。大手企業でも、月100時間を超える36条協定を結ぶような実態があり、国会でも指摘をされました。


1日8時間、週40時間が原則

 そもそも、労働基準法では、1日8時間、週40時間を超えて働かせてはならないと定めています。一日8時間労働を超えて働く残業は、労働法の原則では禁止をされているものです。


36条協定は例外的なもの

 しかし、労働者代表と使用者代表で協定を結べば、法定の労働時間を超えて例外的に労働をさせることができる、としたのが労働基準法の36条です。36条にもとづき結ぶ、時間外労働の限度を定めた協定を、通称サブロク協定と言います。

 延長の限度も定められていますが、特例条項が存在し、表で示される限度時間は多くの企業で守られていません。


健康を脅かす長時間労働

 また、過労死、過労自殺が社会問題化するなかで、厚生労働省は平成18年に「過重労働による健康障害防止のための総合対策」を策定し、いわゆる過労死ラインが示されました。1か月100時間超の残業、または複数月の平均が80時間超の場合、医師による面接指導を義務付けました。


今度こそ長時間労働の解消へ

 労働者を守るための様々な基準が定められましたが、リストラで正規社員の数は減らされ、一人ひとりの業務負担が増え、一向に長時間労働が解消されません。

 今度こそ労働者の健康と生活を脅かす長時間労働の解消につながるような規制の実施が求められます。

県原水協講座開かれる
なぜ 原爆は投下されたか

 1月27日、広島ロードビルで、県原水協講座が開催されました。原水爆禁止世界大会に向けて毎月の学習活動として企画されたもので、今回は広島市原水協の高橋信雄代表理事が、「被爆の実相〜ヒロシマ・ナガサキ 原爆はなぜ投下されたか?」と題して講演しました。


原爆投下の意味を考える

 高橋氏は、原爆投下の意味を、第1次世界大戦の戦後処理に始まる世界史のダイナミズムのなかでとらえる必要性を強調。


 「日本は満州国設立が承認されないことで国際連盟を脱退したが、敗戦国ドイツで台頭したヒトラー率いるナチス・ドイツの外交政策は用意周到で、親英、反仏の立場で、対ソ連威圧を名目にチェコスロバキアの一部を割譲させるなどした。

 一方でソ連と独ソ不可侵条約を結び、1939年9月1日、ポーランドに侵攻し、第2次世界大戦をはじめた。フランスを占領し、1941年に独ソ戦を始めたが程なく形勢は逆転。

 ドイツ国内に侵入していくソ連に対して米英は脅威を感じノルマンジー上陸作戦を敢行。ドイツを戦後処理で二分化した。

 ドイツ降伏(5月9日)の3か月後に対日参戦するソ連への威嚇の目的で投下されたのが、8月6日ヒロシマ、9日ナガサキへの原爆投下である」と述べて、「なぜ原爆が投下されたかを学びとってほしい」と訴えました。

広島自治労連 組織集会
組織拡大の取り組みを交流

 1月22日、広島自治労連組織集会が県健康福祉センターで開催されました。


春の組織拡大 取り組みを意思統一

 春の組織拡大集中期間の取り組みの意思統一、新規採用職員の加入獲得を目的に、組織集会を開催し、10単組62名が参加しました。


組合の大切さ 基本に立ち返って学ぶ

 自治労連本部の松原中央執行委員を講師に招き「労働組合だからできること」と題して、1時間の講義。労働組合は憲法で保障された労働者の権利を、実際に活用していくための組織であることなど、組合の大切さを基本に立ち返り学びました。

 また、各単組の新規採用対策のヒントにしてもらおうと3つの組合紹介DVDを鑑賞しました。

 その後の活動交流では、昨年、市児童館指導員労組で使った組合説明の「紙芝居」の実演をはじめ、各単組の組織拡大の取り組みを紹介しあい、拡大の教訓や課題を共有しました。


増やす人を増やす 若い力に依拠して

 今年の組織集会は、活動経験の浅い若手の組合員にもわかりやすい内容にし、増やす人を増やしていこうと位置づけ、この日は例年より若い人の参加が目立ちました。


知恵出し合って新しい仲間迎えよう

 組織集会の終わりに行動提起があり、全国の創意工夫ある実践に学び、新しい仲間を迎えるため知恵を出し合おう。組合員拡大を要求実現のための大切な取り組みと位置づけ奮闘しようと呼びかけられました。

 広島市職労も、新年度には多くの新規採用者を迎えます。昨年以上の新しい仲間を組合に迎えられるよう、各支部で取り組みを進めます。

インフルエンザ予防接種費用の助成をご存知ですか

助成の対象は?

 職員本人が、医療機関等でインフルエンザの予防接種を受け、1000円以上の自己負担をしたとき、助成の対象となります(非常勤職員の方については実施方法が異なり、今年度の助成事業は終了しています)。医療機関の指定はありません。

対象の期間は?

 2月28日までに受けたインフルエンザ予防接種

助成金額は?

 予防接種1回につき1000円。1年度内で1人1回まで。

請求に必要な書類は?

 「インフルエンザ予防接種助成金請求書」と領収書

 ※詳しくは、共済組合保健医療係(内線2372 рT04-2062)に照会ください。