ウインチの大同重機にようこそ! 産業用ウィンチ付属装置
  お問合せ

ウインチ付属装置

こちらでは設置状況や使用状況に応じて、
ウインチを正常に機能させるために必要な
ウインチ付属装置についてご説明します。



●ワイヤーサバキ(ワイヤーシフター)装置
●ワイヤー押え装置
●逆転防止装置(ラチェット、歯止め



 ワイヤーサバキ(ワイヤーシフター) (ウインチ付属装置)

多層巻でロープ張力に変動があり、たるみが生じる場合や、フリートアングルが大きい時の乱巻を防止するために、ウインチにワイヤーサバキ(ワイヤーシフター)を設けます。

ワイヤーサバキはダイヤモンドクロスネジで往復する構造です。2本立てローラー間にロープを挟んでさばく形式で、ダイヤモンドクロスネジの駆動力はチェーンを介しドラム軸から伝達されています。

ドラム上でのロープ移行量と、ワイヤーサバキ移行量の集積誤差を修正するため、クラッチの嵌脱によりドラム側とクロスネジ軸との位相を変えます。

 ワイヤー押さえローラー(ウインチ付属装置)

ジブクレーンの巻上げ索のように、フックブロックが着地した時にロープのたるみが大きいと,ドラム上でロープが緩み,乱巻がおきます。こうした場合など、

ドラム上でロープ張力が抜けるのを防止するために、ウインチにワイヤー押さえローラーを設けます。



 逆転防止装置(ラチェット、歯止め)(ウインチ付属装置)

ウインチドラムにワイヤーロープが巻込まれている場合に、荷重により逆回転することを防止するため、ドラムに爪車をつけ、爪により逆転を防止する装置で、ラチェットまたは歯止めともいいます。



株式会社 大同重機製作所
広島県福山市山手町1-15-7 〒720-0092
TEL 084-951-2825  FAX 084-951-2897

このページの先頭に戻る
ウインチの大同重機 <C>DAIDO MFG CO., LTD,