ウインチの大同重機にようこそ! フリートアングルとは?産業用ウィンチ
  お問合せ

フリートアングルとは

こちらではウインチ設計に重要な
フリートアングルについて説明します。





 フリートアングルとは

フリートアングルとは下図に示すように,シーブとドラムの中心を結ぶ線と,
ドラムのフランジの内側とを結ぶ線とがなす角度(θ)です。


▲フリートアングル説明図

この角度が、溝無し多層巻ドラムでは1.5度以内、溝なし一層巻ドラムでは2度以内、
溝付一層巻ドラムでは4度以内であれば、ワイヤーロープはきれいに巻かれます。

 
▲溝なしドラム               ▲スパイラル溝付ドラム

この角度より大きいと、ドラム端にワイヤーロープが近づいたとき、
ワイヤーロープが乗り上がったり、シーブの縁でワイヤーロープが擦れたりします。

このように、ウインチにおいて、フリートアングルは極めて重要です。
設計時に十分確認する必要があります。


 設計上の留意点・・・・・ウインチドラムとシーブ間の必要距離

ドラム中心線とシーブ中心線が一直線上にあれば、ドラムとシーブの距離は
下式にて表されます。

L=W/(2×tanθ)

■溝なし多数巻ドラムの場合の計算例

ドラム幅:W=500のとき
L=W/(2×tanθ)=500/(2×tan1.5°)=9547(mm)≒10000(mm)

よって,ワイヤーロープが乱巻きにならない様にするために必要な
シーブとドラムとの距離は10m以上とわかります。

●ウインチドラムとシーブとの距離が取れない場合、
(フリートアングルが1.5度以上になる場合)

ワイヤーサバキ(ワイヤーシフター)付ウインチをお勧めします。



株式会社 大同重機製作所
広島県福山市山手町1-15-7 〒720-0092
TEL 084-951-2825  FAX 084-951-2897

このページの先頭に戻る
ウインチの大同重機 <C>DAIDO MFG CO., LTD,