ウインチの大同重機にようこそ! ウインチ用語集産業用ウィンチ・巻上機
  お問合せ

ウインチ用語集


こちらはウインチ業界でよく使う用語の解説です。



  ウインチ用語
■上巻き・下巻き

ドラムの上方より巻取る方式を上巻き、下方より巻取る方式を下巻きといいます。上巻き、下巻きではラッチェットの方向、バンドブレーキの方向、ワイヤー止めの位置が違います。規格では通常、単胴は下巻き、複胴は上巻きになります。

■直巻き能力

ロープル、吊上げ能力、ウインチの巻取り能力はすべて直巻き能力で表示します。規格ウインチの呼び称「屯型」と混同しやすいので、ご注意。

■乱巻き

ワイヤーが順序よく巻取れない状態のこと。
巻取りドラムとシーブの距離がドラム幅の20倍以下だと、乱巻きになりやすい。この場合、ワイヤーサバキ(ワイヤーシフター、ワイヤーガイド)装置でドラムの回転に合わせてワイヤーを左右に送ってやる必要があります。

■インチング(寸動)

正転、停止、逆転を細かく行うこと。


■レッコ

ドラムのクラッチを抜き、荷を自重降下させること。

■起動方式

モーター(かご型)起動時に全負荷がかかる場合は「直入起動式」になります。モーター起動時に負荷がかからず、起動電流を抑えたい場合は「スターデルター起動式」にします。

■巻取速度

巻取り速度が遅くなれば、所要馬力は少なくなります。計算式は以下
KW = [ 直巻き能力(kN)×巻取り速度(m/min) ] ÷[ 60×機械効率η ]



株式会社 大同重機製作所
広島県福山市山手町1-15-7 〒720-0092
TEL 084-951-2825  FAX 084-951-2897

このページの先頭に戻る
ウインチの大同重機 <C>DAIDO MFG CO., LTD,